Loading

Contents

磯ヒラスズキを求めて…2016/04/28@南紀

今回は少し前、2016/04/28の話。

名古屋から、実家のある和歌山へ、磯ヒラを釣るために遠征したときのことです。

大阪通って行くのが、移動時間的に効率のいいルートなのですが、交通費がすごく高くなっちゃう。。

なんと往復2万over….

「そこにそんなにお金かけるなら、ルアー買うわー」

ってことで、いつも三重周りで帰っております。

これなら往復でも6000円程でいけるのです。スバラシイ・・・

でもでも、かかる時間は5.5時間ほど・・・いやぁ、こんなの、釣りじゃなかったら無理です。

↑のようなルートを、いつも2連休のタイミングで通うので、連休明けの仕事なんかまったくポンコツ状態で臨んでます。

 

まぁ、こんな話はいいとして、今回は南紀での磯ヒラ釣行について。

前日は結構シケてて、この日もそのうねりが残ってたらいいなーって感じの状況でした。

いざフィールドに立つと、うねりはほぼ残ってなく、天気もどんどんよくなっていく。。

「いやな予感がする・・・」

3

朝イチ、ルアーを投げる前から不安を抱えつつ、

満潮だったので、足場の高い磯でスタート。

「ちょっとサラシよわいなー・・・」

って状態だったので、一通りルアー投げて早々と移動。

 

次は、足場が比較的高く、波のあるポイントへ。

が、先行者の方が磯に降りようとしている・・・

状況を聞いたら、下げてきたら行こうとしてた近くの磯でハマチを釣ったとのこと。

悔しい。

いまでも思い出せるくらい悔しかった・・・

親切な方で、僕が釣れてないことを聞いて、この磯を譲ってくれようと。。。

ちょっと気持ちは揺らぎましたが、そこはそのままどうぞと。

 

さて、、

下げがきいて本命ポイントにいくまでの間、気分転換に新しいポイント開拓しよかなー

ってことで、ふらふらといったことない磯へ。

5

い、、、いいかんじじゃないですかぁ、、、

って思ったのですが、わりと粘っても生命感なし。

てことで、またポイント変更。

 

次は本命だ・・・・

波に弱い磯だけど、他の磯でどんだけ波がない時でも、サラシができてるところ。

ちょっと下げきってないけど、大丈夫。

9

やっぱ海面真っ白になってるとテンションあがるわー!

ワクワクしながらルアーをキャスト!

開始数投でチェイスしてくるヒラを確認。

タイミング悪く、サラシが広がりきってなかったのが原因かな

ってことで、次は大きいセットがくるのをまってからキャスト。

グーーーーーーン!!

これですよー!これを味わいに名古屋からきたんですよーー!!

真っ白な海面をエラ洗いするヒラ。

美しすぎる・・・

11

 

ランディングしたのは50cmくらいのヒラ。

 

この後も、同じポイントや周りのポイントをミノー~バイブまでローテーションして探るも、反応なし。

まぁ、1匹釣って満足したし、このまま帰っちゃおっかーってことで、この日は終了。

刺身と昆布締めでいただきました♪

ちなみに、お腹のなかはキビナゴでした。

 

この日の写真は、↓で公開中なので、よかったらご覧下さい♪

http://www.mccoy8.net/wakayama20160428/

 

ROD: ゼファー PZS-110 トゥルーキャスター, EverGreen
REEL: ツインパワー2016 5000HG, SHIMANO
LINE: PE(2.0)+Shock Leader 70lb
LURE: トゥルーラウンド115F, EverGreen

 

Written by  ペドロ冨里

好きなのは釣りだけじゃないんだろな。伊良湖いってきました。

和歌山県南紀磯ヒラスズキ釣行の風景 2016/06/18-19

関連記事

  1. 2017夏 和歌山南紀合川ダム 超久々のバス釣りが面白すぎた件、、

    2017.08.19
  2. 被写体としてのサカナ

    2018.01.11
  3. 【東京神田・渋谷・原宿・恵比寿】 たまには釣りもせずゆるりと 2017/10/0…

    2017.10.10
  4. 【和歌山中紀・南紀】ロックショア ヒラスズキ/青物 2017/11/5

    2017.11.07
  5. 2017春 南紀磯ヒラスズキ(田辺~串本潮岬)4Bite1GET!

    2017.04.17
  6. 【シンガポール】GT・バラマンディ・グルーパーがいる釣り堀まとめ

    2017.07.20

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

New Post

  1. 浜名湖セイゴ
  2. directors blog
  3. ヒラスズキ
  4. ヒラスズキ
  5. tacklehouse
PAGE TOP