【水温・天気・風・うねり…】磯ヒラスズキいくときに事前に調べてること

個人的なメモ含め、経験は少ないですが、今の僕が磯ヒラスズキを獲るにあたって、当日までに調べてることをまとめてみました。

——————

◆水温/黒潮の位置(太平洋側)

◆天気

◆風の向き・強さ

◆うねりの向き・強さ

◆(シケてるなら)いつからシケてるか

◆ベイトは何か

◆直近の釣果

◆過去同時期・同条件の釣果

——————

一番の優先事項はベイトで、その次がシケ具合と、そのシケはいつから続いているのかということになるのかなぁ。

以上の状況から、現場がどうなっているのか想像しながら、当日まわるコースを決めていくカタチでやってます。

モチロン、当日釣りしながらも状況は変わっていくので、そこは柔軟に対応するようにしてます。

南紀の磯でやってる時は、磯におりやすい所が多いですし、地元ということでそこそこ土地勘はあるので、当日の変化に合わせて柔軟に対応しやすいんです。

でも、先日南伊豆にいったときは、1つの磯に降りるのにすごい時間と体力がかかり、コンディションの変化に対応するのが難しかった。。。まぁ、南伊豆に行ったのは初めてで、まだまだ知らないところが多いせいっていうのもあるのかなぁ。

 

まぁこんなこといいつつも、予想してたプランと現場に行った時の乖離があることが多いし、当日にいい判断できなかったりするので、まだまだ修行が足りんです、、、

Written by  ペドロ冨里


2017-04-11 | Posted in Director's Blog

こちらの記事もぜひ!