Loading

Contents

道具がないとお話にならなかったというお話

10年近く前、まだ大学生だったころの話。

友達が鹿児島の某大学の某釣り研究部におりまして、そこの喜界島合宿に図々しくも参加することになり、はるばる東京から各停にのって鹿児島へ行き、そこからフェリーに乗って喜界島へ。

 

そのころの僕というのは、小学生から釣りはしていたものの、フカセ釣り・バスフィッシング・陸っぱりのシーバスフィッシングくらいしかしたことない。また、釣りにお金をそこまでかけることができない状態で、ルアー・ロッド・リールを揃えるのが精一杯という感じ。

ウェアやブーツなどなど、それ以外の装備はまったく揃ってなかった。

 

そんなぼくが、まぁ楽しそうだということで、狙う魚など聞くことなく喜界島へ。

どうやら周りの話を聞いてると、カスミアジを狙うと。

それに対して僕がもってるタックルはミディアムライトのシーバスロッドと3000番のリール。ウェア類はTシャツ・ハーパン・ビーサン。

「え??」

正直、そんなヘビーな釣りになるとは全く想像してなかったのです。。

 

それでもなんとかせなあかんっていう思いと、まぁなんとかなるっしょという思いのまま現場へついていくと、ビーサンで歩くには過酷すぎるリーフ。

「まじか、、リーフでやんのか、、、サンダルェ。。。」みたいな状態。

風・ウネリはそんなになかったので、そこまで危なくはなかったけど、とにかくビーサンで移動するのが地獄すぎました。釣りとか全然集中できない。数えられるくらいしかルアー投げてない。

今でも鮮明に覚えてるくらいつらかったです(笑)

 

結果的には、サンダルでもなんとかなるポイントで釣りしたり、泳いだりBBQしたりと、だいぶ楽しい合宿ではあったのですが、あの時にちゃんと装備もってれば、リーフでの釣りをもっと楽しめたのかなぁと。

 

今回のケースは極端すぎますが(笑)、1つ1つが高価なため、ついおろそかにされがちな道具。

「これ買うんやったらルアー10個買いたいなぁ、、、」

→まず一通り揃えましょう。自分が立てるフィールドが広がります。

最近は磯ヒラにどハマリしてるのもあり、余計その思いは強くなっていて。

生命にも関わります。道具揃ってても危ないシーンもある。揃えときましょう。

 

ぼくのような思いをする人が少しでも減ること、お星さまにお祈りつつ、今回はブログ書きました(・∀・)

 

ていうか、鹿児島向かう前にターゲットとフィールドについて聞いとけよ、、、

あぁ黒歴史。。。

釣りとサーフィンをより長く楽しむために食生活改善をかんがえてみた

岐阜県郡上長良川・栗巣川・気良川 渓流ミノー釣行 2017/5/9

関連記事

  1. 和歌山県南紀磯ヒラスズキ釣行(白浜・日置川) 2017/5/24

    2017.06.03
  2. 和歌山南紀串本大島ロックフィッシュ 2017/8/15

    2017.08.18
  3. 【南紀磯ヒラスズキ】やりにくすぎる大潮、渋すぎるおヒラ様 2018/01/02

    2018.01.06
  4. 2017夏 和歌山南紀合川ダム 超久々のバス釣りが面白すぎた件、、

    2017.08.19
  5. Nossa Senhora(ノッサセニョーラ) Tシャツ第1弾、生産しました。

    2016.07.17
  6. 長良川上流部釣行(アマゴ・イワナ・サツキマス)と、新作Tシャツの使用感

    2016.05.29

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

New Post

  1. 名古屋港
  2. 千葉房総地磯
  3. 南紀磯ヒラスズキ
  4. 【岐阜郡上長良川】はじめてのフライフィッシング 2018/02/27
  5. directors blog
PAGE TOP