Loading

Contents

【岐阜一色川イワナ】最奥への探求、突然の悲劇

2018/09/02

もうすぐ禁漁。
ということで、今年一番のお気に入りになった荘川水系に行くことに。
今年最後の荘川水系、できるだけ奥地まで行ってみようということで、今回は手返しが良いルアーで。

やってきたのは一色川。
同水系で、最も魚のストック量が多いと言われている川です。
割と下流の方で車止めがあり、源流域までいくのは結構がんばらないといけないトコロなので、攻略し甲斐があるなぁと思ってチョイス。

一色川

いつもはフライなので、割と下流の方でしかやったことない一色川。
この日は、今までで一番上流部から入渓。
11:30からのスタートだし、ここから釣りあがっても当日中に源流まで行くのは無理だけど、来年もあるしまぁいっか。

目ぼしいトコロをルアーを通していくも、ほぼ無反応。
あんまり人が通さなそうな微妙なポイントでは反応あるので、先行者アリな感じです。

紅葉

一本だけ紅葉している木を発見。
たまにこういうのありますよね。なんなんだろう。

途中、支流というにも小さすぎる小川を発見。
誰も行かなそうなので、ココに寄り道してみる。

無名の小川

源流的な雰囲気。

無名の小川

射程距離まで忍び寄り、ここから淵にキャスト。
いい感じに入るも、水中にある枝に引っかかる笑
あるよねー。。
悲しい。

もう一度キャストすると、6匹くらいがワラワラとチェイスしてきてイワナがヒット。
やっぱ人が嫌がるトコロは甘いですねー。
写真撮れて無いですごめんなさい。

その後も、同じような源流的なトコロで好反応。

一色川

やっと本流域でも良い反応が。

一色川

良形のイワナが猛チェイスしてヒット。
こういうところ、イワナ好きですよねー。

この時点で結構楽しんだので、良い感じの倒木に座ってちょっと休憩。

tulala

この後悲劇が。ストラップが緩んでいたためか、カメラが落水。
すぐ救助するも、だいぶパニックです。

電源OFFでよかった。
バッテリーや、センサーのところまでも浸水はしていない。。
落下時の衝撃は、水中だったことと、PeakDesignのSHELLで守られていたので軽度だと思われる。
なんとか大丈夫そうですが、大事をとってこの日は使わないことに。

気持ちは落ち着かないですが、とりあえず釣りは続行します。

その後は食ってきても小型イワナと、渋い状況が続きます。

と、脱渓ポイント直前。
Nikon Dfを落水させた僕を憐れんでくれたのか、良型が。

イワナ

サイズはまぁ納得できるものですが、iPhoneでの撮影に。
悲しい。悲しすぎます。
前回の南アルプス登山といい、神様は僕に一眼で撮影させたくないのでしょうか。

撮影も終わらせ、魚をリリースすると、いそいそと脱渓。
カメラのことを考えると気持ちが落ち着かない。

リラックスするため、道の駅 桜の郷荘川内にある温泉「桜香の湯」へ。
といっても、荘川へ来たらいつも行くのですが(^^;
ついでに併設レストランで鶏ちゃん定食も。

鶏ちゃん定食

うまいんだよなーこれ。

完全に気分転換できたとは言えませんが、こんな感じでゆっくりして帰宅しました。

一色川攻略はまだまだ半分くらい。
来年は最上流部まで行ってやろう。

P.S.
Dfはブログを書いている現在も自宅で治療中です。
結果はまたこのサイトで報告しようと思います。

↓復活しました。

—–
ロッド: クプアス48 , ツララ
リール: カルカッタコンクエストBFS , シマノ
ライン: PE(0.6)+Shock Leader フロロ(1.5)
ルアー: 蝦夷50S , イトウクラフト
X-RAP CD5 , ラパラ
Dコンタクト50 , スミス

【白峰三山縦走(奈良田→広河原)】はじめての南アルプス

Amazonアソシエイト導入します

関連記事

  1. 愛知県田原市伊良湖サーフィンの風景

    2016.06.26
  2. 岐阜県郡上〜美並・長良川の風景

    2016.06.06
  3. 雨晴海岸から立山連峰をバックに氷見線の鉄道風景写真を撮影

    2019.03.13
  4. 2017年正月南紀磯ヒラスズキ釣行(南紀白浜)

    2017.01.19
  5. 和歌山県南紀釣行(枯木灘~串本大島)

    2016.08.10
  6. 【YouTube釣りチャンネルまとめ】厳選7チャンネルピックアップ

    2017.07.14

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

New Post

  1. 夕焼けの剣岳とワイドビューひだ
  2. 雨晴海岸からみる立山連峰と氷見線
  3. 花梨のような川底
PAGE TOP