Loading

Contents

AFENDS(アフェンズ)

afends アフェンズ

About “AFENDS”

70年代オーストラリアのヒッピーカルチャーの聖地として有名なバイロンベイで、その第二世代として生まれ育ったDeclan Wise(デクラン・ワイズ)とJono Salfield(ジョノ・サーフィールド)を中心に2006年に設立されたオルタネートファッション&ライフスタイルブランド「AFENDS(アフェンズ)」。

Punk-Rock をルーツとしたバイロンベイのモダンデイカルチャーとフリーリビングアティテュードをテーマに、自宅のバックヤードにてハンドスクリーンプリンティングを施したオリジナルアートTシャツの販売からスタートした後、またたくまにオーストラリアで成功をおさめ、現在世界15カ国に広がるブランドへと成長しました。

“Question Everything” (全てのことに疑問を持つこと)を信条とし、そのあくなき探究心と創造性により、アート、ミュージック、サーフ、ストリートと共にある彼らの日常のライフスタイルをテキスタイルに落とし込み、”Afends way of life” としてバイロンベイより発信しています。

 

ヴィンテージ・サーフテイストがとってもカッコイイ商品が多くって、めちゃくちゃオススメのブランドです。

PICK UP

AFENDS(アフェンズ)

AfendsThreadsという、ベーシックロゴデザインのアフェンズを象徴するTシャツ。

スリムフィットのフォルムで、カッコイイです。

AFENDS(アフェンズ)

 

街履きだってヨユーでできちゃうボードショーツ。

AFENDS(アフェンズ)

 

ストリートでもカジュアルなスタイルにも合うキャップ。

サーフィン・釣りに出かけるときにつけたらそれだけで雰囲気でるし、テンションも上がっちゃいます。

 

ヴィンテージスタイルが好きな方に超オススメの「AFENDS(アフェンズ)」。

ぜひぜひチェックしてみてください。

 

画像出典:AFENDS https://www.afends.com/

2017初春 ハジメテの伊豆・磯ヒラスズキ釣行

和歌山県南紀磯ヒラスズキ釣行(田辺・白浜・潮岬・串本) 2017/4/11-14

関連記事

  1. パタゴニア(Patagonia)

    2016.04.04
  2. TACKLEHOUSE(タックルハウス)

    2017.12.27
  3. Ron Herman(ロンハーマン)

    2015.12.18
  4. モンベル(mont-bell)

    2015.12.28
  5. Y-3(ワイスリー)

    2015.12.17
  6. Supreme(シュプリーム)

    2017.09.01

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

New Post

  1. 知多
  2. アジサイ
  3. 黒部ダム
  4. 白馬三山
  5. 三重ヒラスズキ
PAGE TOP