Loading

Contents

アメリカンウイスキーの定義とは

前回は、アメリカンウイスキーの種類についてご紹介させていただきましたが、「今回はそもそもアメリカンウイスキーとは何なのか?」その定義についてご紹介させていただきます。

アメリカンウイスキーの法的定義

アメリカンウイスキーは、アメリカの法律の中で、その定義が定められています。下記に、簡単にその内容をまとめました。

1.原料は穀物であること(バーボンの主な原料はトウモロコシ、ライウイスキーはライ麦、モルトウイスキーは大麦麦芽、ホイートウイスキーは小麦、ライモルトウイスキーはライモルト)
2.蒸溜時のアルコール度数は95度以下であること(バーボンウイスキー、ストレートコーンウイスキーとコーンウイスキーは80度以下で良い)
3.内側を焦がしたオークの新樽に樽詰めし、熟成させること。2年以上の熟成でストレートバーボンウイスキー、ストレートライウイスキー、ストレートコーンウイスキーと名乗って良い。
4.樽詰め時のアルコール度数は62.5度以下であること
5.瓶詰め時のアルコール度数は最低でも40度であること
6.バーボンウイスキーは原料の51%以上がトウモロコシであること

以上がアメリカンウイスキーの定義になります。
今までご紹介してきたスコッチカナディアンウイスキーなどとは異なり、樽詰め時と瓶詰め時の両方にアルコール度数制限がかかっているのが印象的でした。

東京・大阪・名古屋など全国7都市で開催!ベルギービールウィークエンド2015(BBW2015)

その数1000種類以上! ベルギービールの定義と分類

関連記事

  1. 紅茶の歴史1:オランダ貴族の趣味として始まった紅茶文化

    2015.12.06
  2. バーボンにライウイスキー アメリカンウイスキー7つの分類

    2015.03.20
  3. ウイスキーの元祖、アイリッシュウイスキーの定義とは?

    2015.02.03
  4. 紅茶の歴史4:英国紅茶の生きる歴史「トワイニング(twinings)」のご紹介

    2016.01.30
  5. アイリッシュウイスキー4つの分類

    2015.01.31
  6. 珈琲は水の硬度でも味が変わる 水と珈琲の風味について

    2015.03.25

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

New Post

  1. 名古屋港
  2. 千葉房総地磯
  3. 南紀磯ヒラスズキ
  4. 【岐阜郡上長良川】はじめてのフライフィッシング 2018/02/27
  5. directors blog
PAGE TOP