濃厚なコクと味わい、芳醇な香りのアッサムティー その生産地と風味について

tea

アッサムは、インド国内で生産される紅茶の半数を占める世界最大の紅茶の産地。
紅茶大国インドでもっともポピュラーな茶葉で、おもにチャイにして飲まれています。
今回は、アッサムの気候や栽培方法、アッサムティーの味わいや特徴をお伝えします。

紅茶づくりに最適な気候と栽培方法

assam1

大平原で育てられているアッサム種は、中国種のダージリンと異なり、もともとこの地に自生する茶樹です。
アッサム地方は気温が高く、日中の日差しがとても強く、直射日光から守るために、茶樹を樹々で囲むようにして育てられています。
また、雨が多い地域でもあり、大量の雨や霧が茶葉を湿らせます。
こうした生育環境が、アッサムの紅茶の味を深めています。

インドで愛飲される濃厚な紅茶

assam2

インドでは紅茶のほとんどがチャイとして飲まれていますが、なかでも人気なのがアッサム種。
アッサムティーの濃厚な風味は、ミルクを加えても落ちることがないため、チャイに最適だといわれています。
そのため、インドではアッサムでチャイを楽しむ人が多いようです。
水色は深い赤で、芳醇な香りが特徴です。

茶葉の製法と茶摘みのシーズン

assam3

従来の製法

大量生産が求められるアッサムでは、生産量の約90%以上がCTC製法で作られています。
CTC製法とは、短時間でしっかりとした味わいの紅茶を淹れることができるように、忙しい現代人の暮らしのニーズによって生まれた比較的新しい製法です。
需要とともに急速にひろがった製法で、今では世界中の産地でこの生産方法をとられており、アッサムでつくられる紅茶の90%以上がこのCTC製法で紅茶が作られています。
茶摘みはシーズンが長く、3回行われています。2月下旬〜3月のファーストフラッシュ、4月中旬〜6月のセカンドフラッシュ、9月〜11月のオータムナルがあり、なかでも高品質と言われているのがセカンドフラッシュで、旨味のあるゴールデンチップを多く含んでいること、アッサム特有のパンチの効いたコクと濃い水色が評価されています。

大きな茶葉とCTC製法が支えるアッサムティー

assam4

CTC製法の茶葉

アッサムが世界最大の茶葉を作ることができるのは、茶葉が大きいため効率よく加工できることと、手間を省くことができるCTC製法のおかげだといわれています。
こうして大量につくられることで、世界中の人がアッサムティーを楽しむことができるのですね。
インドでの飲み方を参考に、チャイやミルクティーでいただいてみてはいかが?


2015-05-05 | Posted in ライフスタイル, 紅茶

こちらの記事もぜひ!