Loading

Contents

サーフィン雑誌「Blue. (ブルー)」

blue サーフィン雑誌
今回はお気に入りのサーフィン雑誌「Blue. (ブルー)」をご紹介。
サーフィンって、実際にプレーする以外にも、楽しい側面が沢山あるものだと思います。
旅や音楽、ファッション、アートなど、、、
多くのカルチャーと絡まり合って発展してきた存在のサーフィン。
こんな多様な側面で楽しめることに魅力を感じて凄くハマってしまっている僕。

そんな僕に色んなアイデアを提供してくれているのが「Blue. (ブルー)」です。

サーフィン雑誌「Blue. (ブルー)」

Blue.は2006年の創刊以来、サーフィンをこう捉えて発信してきた。“SURFING=LIFESTYLE”

ライフスタイルがそうであるように、そこに確かな答えなど無くて良くて、人それぞれであるからこそ、光り輝くもの。どれだけ多彩な視点からサーフィンというものを見つめることができるか、それがBlue.創刊以来のテーマ。 サーフボードが長いとか、短いとか、そんなカテゴライズに固執するのではなく、海を愛するサーファーとして、世代も地域も国境も越えて、手をつなごう。
(画像・文章出典:Blue. http://www.blue-mag.com/)

↑のようなコンセプトで隔月で発刊しつづけている「Blue. (ブルー)」。
多くのスタイルマスターやプロサーファー・アマチュアサーファー・芸能人などなど、沢山の人の、多様なサーフィンライフをピックアップして紹介してくれます。
「うまくなるには」というよりも、「よりたのしくなるには」というところにフォーカスして編集されているところが気に入って、いつも読んでいる雑誌です。

サーフィンやったことない人~上級者の人まで、いろんな方が楽しめる内容になってるので、まだ読んだことないという方、ぜひぜひ一度ご覧ください。

BILLABONG(ビラボン)

ノッサセニョーラステッカーつくります!

関連記事

  1. BLANKA(ブランカ)

    2017.06.15
  2. F.C.R.B.(エフシーアールビー)

    2016.09.06
  3. BANKS(バンクス)

    2016.08.19
  4. Rockshore Anglers Meetingにいってきました

    2017.09.27
  5. Coleman(コールマン)

    2016.09.21
  6. PETROLZ(ペトロールズ)

    2017.06.14

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

New Post

  1. 名古屋港
  2. 千葉房総地磯
  3. 南紀磯ヒラスズキ
  4. 【岐阜郡上長良川】はじめてのフライフィッシング 2018/02/27
  5. directors blog
PAGE TOP