Loading

Contents

BYRD HAIRDO PRODUCTS(バード)

About “BYRD”

byrd
現役プロサーファーCHASE WILSON(チェイス・ウィルソン)が、自身の愛称“BIG BIRD”をネーミングの由来に、カリフォルニア、ニューポートビーチで2012年に立ち上げた『BYRD HAIRDO PRODUCTS (バード)』。
ノースダコタのメトロポールホテルで彼の祖父が営んでいたBARBER SHOPとそこで販売されていたヘアトニックにインスパイアされ、モダンなポマードを生み出したのがこのブランドの始まり。
ここのアイテムは、クラシックなサーフスタイル由来のデザインがカッコイイです。
しかも、ルックスだけでなく中身も◎。海上、陸上ともにアクティブなメンバーによって入念にテストされているので、超本格的なものになってます。
どのアイテムも、香りや使い心地に海を感じることができるので、サーファー・アングラー関係なく海が好きな人にオススメです!

PICK UP

クラシックポマード

クラシックポマード
こちらは定番のクラシックポマード。
触り心地は、固めのワックスみたいな感じ。冬は低温のせいで固くなりすぎて使いにくいかもしれません。
僕はこれが好きなのでそこ我慢しながら使っちゃいますが。

耐水性も高く、水に濡れてもセットが続くので、サーフィンなどで濡れてもOK。
個人的にはポマード独特の嫌なべたべた感もなく、いい感じです。
香りは、ニューポートのエコービーチをイメージしてデザインされたライム・ローズマリー・マリン。
海を感じられる香りがたまらなくいいです。

サーフスプレー

サーフスプレー
これはテクスチャライジング サーフスプレー。
ソルティーココナッツの香りがいい感じ。
シーソルトが入っていて、海あがりのような心地よいパサ感が◎。
単独での使用はもちろん、クラシックポマードとあわせて使うやりかたもオススメ。

画像出典: BYRD HAIRDO PRODUCTS https://byrd-japan.myshopify.com

【三重伊勢~熊野地磯】 磯ヒラスズキ・マルスズキ

【伊良湖岬・赤羽根ロングビーチ】サーフィン

関連記事

  1. Coleman(コールマン)

    2016.09.21
  2. the naturalist riverside

    2018.08.23
  3. Opinel(オピネル)

    2017.04.27
  4. ファイントラック(Finetrack)

    2016.04.03
  5. patagonia(パタゴニア)

    2016.04.04
  6. Supreme(シュプリーム)

    2017.09.01

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

New Post

  1. 劔岳とワイドビューひだ
  2. 写真撮影機材とタックル
  3. 紀伊田原の海霧
  4. 甲州ほうとう 小作
  5. 御嶽昇仙峡の仙娥滝
PAGE TOP