豊かな香りと軽やかな味わい カナディアンウイスキーの定義とは?

前回は、カナディアンウイスキーの種類についてご紹介させていただきましたが、「今回はそもそもカナディアンウイスキーとは何なのか?」その定義についてご紹介させていただきます。

カナディアンウイスキーの法的定義

カナディアンウイスキーは、カナダの法律の中で、その定義が定められています。下記に、簡単にその内容をまとめました。

1.穀物または穀物由来の原料の醪(もろみ)を麦芽などのジアスターゼで糖化し、酵母(その他の微生物との混合物でも可)によって発酵させた飲用の蒸溜液
2.700ℓ以下の木製容器で3年以上熟成させること
3.糖化・蒸溜・熟成をカナダで行うこと
4.瓶詰め時のアルコール度数は最低40度
5.カラメルやフレーバリング(香味をカナディアンウイスキー以外のスピリッツで添加すること)を添加しても良い

以上がカナディアンウイスキーの定義になります。
かつてはone day whiskyとも呼ばれる劣悪なウイスキーであったカナディアンウイスキーですが、この法律が整備されてからは、どの銘柄も一定以上の品質のウイスキーとなり、世界5大ウイスキーの1つにもなっています。


2015-03-19 | Posted in ウイスキー, ライフスタイル

こちらの記事もぜひ!