Loading

Contents

珈琲は門外不出の「秘薬」だった

飲料としての珈琲を見出したのはアラビア人と言われています。
といっても、現在のように「焙煎」をしたものではなく、乾燥させた豆を煮だした黄褐色の液体でした。飲んだことはないですが、あまり美味しそうではありませんね…
しかし、その珈琲豆の煮汁を飲む習慣は、興奮・消化・利尿など薬理効果から、門外不出の秘薬として回教徒の独占下に置かれ、寺院の奥に秘められていたのです。

あなたはどちらを信じますか?珈琲豆発見の2つの伝説

珈琲豆は生産地で風味が変わる!代表的生産地・品種とその風味

関連記事

  1. ハイ・ローストにイタリアン・ロースト?珈琲豆の焙煎度とその風味について

    2015.03.16
  2. 紅茶の歴史4:英国紅茶の生きる歴史「トワイニング(twinings)」のご紹介

    2016.01.30
  3. バーボンにライウイスキー アメリカンウイスキー7つの分類

    2015.03.20
  4. 紅茶の歴史1:オランダ貴族の趣味として始まった紅茶文化

    2015.12.06
  5. 珈琲は水の硬度でも味が変わる 水と珈琲の風味について

    2015.03.25
  6. 「インスピレーションの妖精」アブサン(Absinthe)のすゝめ

    2017.09.10

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

New Post

  1. directors blog
  2. 浜名湖シーバス
  3. directors blog
  4. 浜名湖セイゴ
  5. directors blog
PAGE TOP