珈琲は門外不出の「秘薬」だった

飲料としての珈琲を見出したのはアラビア人と言われています。
といっても、現在のように「焙煎」をしたものではなく、乾燥させた豆を煮だした黄褐色の液体でした。飲んだことはないですが、あまり美味しそうではありませんね…
しかし、その珈琲豆の煮汁を飲む習慣は、興奮・消化・利尿など薬理効果から、門外不出の秘薬として回教徒の独占下に置かれ、寺院の奥に秘められていたのです。


2015-03-15 | Posted in ライフスタイル, 珈琲

こちらの記事もぜひ!