Loading

Contents

珈琲豆は生産地で風味が変わる!代表的生産地・品種とその風味

その数60カ国 生産地により風味が異なる珈琲豆

原産地エチオピアから広がり、今では世界60数カ国で生産されている珈琲。
珈琲豆は、北緯25度から赤道をはさんで南緯25度、すなわち北回帰線と南回帰線の間の珈琲ベルトと呼ばれる地域で栽培されています。 そして世界60数カ国、それぞれの土地の気候、風土にあった栽培法がとられいるため、生産地によって、形・味・香りなどが微妙に違います。珈琲の魅力は、この数多いユニークな風味を楽しめることにもあります。

珈琲豆の代表的品種・生産地と風味

品種名 生産国 風味
グァテマラ グァテマラ産 甘い香り、上品な酸味、芳醇な風味
ブルーマウンテン ジャマイカ産 すべての珈琲の良さをあわせ持つと言われる、バランスの良い風味
クリスタルマウンテン キューバ産 酸味と苦みのバランスがとれた上品な風味
メキシコ メキシコ産 酸味と香りがともに適度で、やわらかい上品な味
コスタリカ コスタリカ産 芳醇な香りと適度な酸味が混ざりあった、上品な味
コロンビア コロンビア産 甘い香りとまるい酸味と、まろやかなコク
ベネズエラ ベネズエラ産 軽い酸味とやや独特の苦み、そして適度な香り
ブラジル・サントス ブラジル産 中庸な味、香りが高く適度な酸味と苦味
ハワイ・コナ ハワイ産 強い酸味と甘い香り
モカ イエメン・エチオピア産 フルーツのような甘酸っぱい香りと、まろやかな酸味とコク
ケニア ケニア産 強い酸味とキレがあり、後味もすっきり
キリマンジャロ タンザニア産 強い酸味と甘い香りと豊かなコク
マンデリン インドネシア産 コクのあるやわらかな苦味と、上品な風味
ロブスタ ベトナム産 強い苦味と特異な香り

珈琲は門外不出の「秘薬」だった

ハイ・ローストにイタリアン・ロースト?珈琲豆の焙煎度とその風味について

関連記事

  1. 紅茶の歴史1:オランダ貴族の趣味として始まった紅茶文化

    2015.12.06
  2. おいしい珈琲を入れる、お気に入りのマグをさがしましょう

    2015.04.01
  3. スコッチの流れを汲んだ繊細な味わい ジャパニーズウイスキー3つの分類

    2015.04.11
  4. ウイスキーの元祖、アイリッシュウイスキーの定義とは?

    2015.02.03
  5. 英国王立化学協会が提唱する「究極においしい紅茶のいれ方」とは

    2015.11.23
  6. ゆったりとした午後のひとときに~紅茶のすすめ~

    2015.02.27

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

New Post

  1. ヒラスズキ
  2. セイゴ
  3. ハマチ
  4. 名港河川シーバス
  5. 大阪道頓堀
PAGE TOP