珈琲は水の硬度でも味が変わる 水と珈琲の風味について

珈琲の約99%は水

coffee-water2

珈琲を抽出したときに、1カップの中に含まれる成分はほんの少しで、残りの約99%は水になります。
なので、同じ豆を使って、同じ抽出方法でも、水が変わればコーヒーの味は大きく変わります。
そこで今回は、水の硬度などが違うことで、珈琲の味がどうなるかをまとめました。

水の硬度と珈琲の風味

coffee-water

軟水 マイルドな口当たりで酸味の立つ味わいになる。また、珈琲本来の味を引出しやすいため、軟水のほうが珈琲との相性が良いといわれている。
硬水 しっかりした飲みごたえ。また、苦味が強くなり、酸味を感じにくくなる傾向がある。

水の主な成分としてはカルシウムイオンとマグネシウムイオンがあり、水1000ml中に溶けているカルシウムとマグネシウムの量を表わした数値を「硬度」といいます。
WHO(世界保健機関)の基準では、硬度が120mg/l以下を「軟水」、120mg/l以上を「硬水」といいます。
そして、この水に含まれるカルシウムイオンやマグネシウムイオンなどのミネラル成分が珈琲成分と反応しやすくなっています。

カルシウムイオンは苦みを抑え、マグネシウムイオンは渋みを感じやすくするので、これらを多く含む「硬水」を使ってコーヒーをいれた場合は苦味が強くなり、酸味を感じにくくなる傾向があります。
反対に、ミネラル分の含有量が少ない「軟水」は味にも影響が少なく、コーヒー本来の持つ味を引き出しやすくなります。
そのため、一般的には、軟水のほうが珈琲との相性が良いといわれています。

水道水を使うのってどうなの?

coffee-water3

日本の水道水は、世界的にかなり高品質なものと言われているため、その品質には問題はないと思います。
ただ、その特徴を知り、適切な対処をすることで、より美味しい珈琲をつくることができると思います

日本の水道水の特徴と注意点

日本の水道水は、基本的には軟水になります。
そのため、マイルドな口当たりで酸味の立つ味わいで、珈琲本来の味を出しやすくなっています。
ただ、高品質とはいえやはり水道水なので、塩素の臭みが残った珈琲になってしまいます。
ですので、一度沸騰させたり、活性炭が入っている濾過器(浄水器)を取り付けると良いでしょう。
また、水道管が古い場合だと、鉄分を多く含んだ水が流れる可能性が高いため、注意が必要です。

水だけを変えて味の変化を楽しむ

coffee-water4

以上、水が珈琲の風味に与える影響をまとめてきました。
これを踏まえた上で、同じ珈琲豆・同じ抽出方法で、水だけを変えて珈琲を味わってみるのはどうでしょうか。
私もやってみたのですが、水が珈琲の風味に与える影響を実感できることが楽しくて、これも珈琲の楽しみ方の一つなのかなと思いました。

よろしければ、本記事を読んで下さったあなたも、やってみてはいかがでしょうか?


2015-03-25 | Posted in ライフスタイル, 珈琲

こちらの記事もぜひ!