ニッカカフェグレーン・マンハッタンのつくり方と味わいのご紹介

93676e43cf2ac43a658ab67e49736e4f_s

カフェグレーン・マンハッタン

ストレート以外にもカフェグレーンのオススメの飲み方があります。
これはニッカも推奨する飲み方で、「カフェグレーン・マンハッタン」といいます。
「カクテルの女王」とも呼ばれる、いわゆる「マンハッタン」では、ライウイスキーをベースに使ってつくられます。そのライウイスキーの代わりに、カフェグレーンが使われるので「カフェグレーン・マンハッタン」と呼ばれています。

レシピ

・ニッカ・カフェグレーン 45ml
・スイートベルモット 7.5ml
・ドライベルモット 7.5ml
・ビターズ 1dash
・レモンピール
・オレンジピール

味わい

ベルモットの甘苦さが引き立ち、個性が強いその中にこなれた味わいがあります。
信じられないかもしれませんが、本当にチョコレートケーキのよう。
口に含めば一度、口の中いっぱいに、鼻腔の中いっぱいに、メロウなベールがふわりと纏われます。
休日の昼下がりのクラシカルなカフェでゆっくりと流れる時の流れに身を任せて思いのままに寛いでいる瞬間が頭に浮かび、優雅なひと時に浸ることができる。
とにかく美味しく、お洒落な味。これがグレーンの真髄なのでしょう。

「竹鶴」や「余市」「宮城峡」ーーニッカの名高いブランドのウイスキーが注目されているが、この「カフェグレーン」ももっと注目されるべきではないか。ひとたび口に含めば、驚きの連続が待っていることでしょう。

みなさんもぜひ、カフェグレーンをマンハッタンでどうぞ。


2015-11-14 | Posted in ウイスキー, ライフスタイル

こちらの記事もぜひ!