実は、同じ種類の木?緑茶・紅茶・ウーロン茶の違いとは

tea

色、味、香りなどすべてが異なる緑茶・紅茶・ウーロン茶。
実は、同じ種類の木からできていることはご存じですか?
実は、お茶は葉の種類や製法の違いによって、さまざまな種類の茶葉を作ることができるのです。
今回は、緑茶・紅茶・ウーロン茶の違いについてご紹介します。

さまざまな茶葉を生む「チャ」の木

tea-1

私たちの身近にある緑茶や紅茶、ウーロン茶などは、すべて同じ木からできています。
この木は、ツバキ科の常緑樹で、和名が「チャ」といいます。
原産地は中国ですが、東南アジアを中心に幅広い地域で栽培されています。
茶は、インド種と中国種の2種類があります。
インド種は別名をアッサム種といい、渋みを与えるタンニンを含む紅茶に適した葉に成長します。
茶葉の大きさは中国種の約2倍もあり、尖った先端と淡い緑色が特徴です。
一方、中国茶はインド種の半分ほどの大きさで先端が丸く、濃い色をしています。
日本の緑茶や一部の紅茶は、中国種から作られています。

発酵が分ける茶葉の種類

nilgiri

同じ木から生まれた葉なのに、なぜさまざまなお茶ができあがるのでしょうか?
その答えは、発酵の方法にあります。
摘まれたばかりの茶葉を「生葉」といいますが、この生葉を加熱して茶葉を作ります。
茶葉の分類では、加熱によってどの程度発酵を進めるかがポイントとなります。
加熱をして発酵を行わずに乾燥させたものが「日本茶」。発酵をせずに作ることから不完全発酵茶といいます。
そして、途中まで発酵させた半発酵茶は、「ウーロン茶」。発酵が進むことで茶葉の色が茶色になります。
黒っぽくなるまでしっかりと発酵させた完全発酵茶は「紅茶」となります。紅茶独特のフルーティーな香りは、この発酵によって生じるものなのです。

製法で変わる茶葉、それぞれの味わいを楽しもう

darjeeling

同じ木から生まれた異なる茶葉が、世界各地でそれぞれに親しみやすい味となり、愛されています。
しかし、同じ国の食事であっても、合わせる料理やお菓子によって、相性の良いお茶は異なるもの。
シーンに合ったお茶を選び、茶葉独自の風味や色、香りなどを味わいたいですね。


2015-05-30 | Posted in ライフスタイル, 紅茶

こちらの記事もぜひ!