Loading

Contents

FCLLABO(エフシーエルラボ)

About “FCLLABO”

fcllabo
Duel・EverGreenなどでプロスタッフとして活躍してきた津留崎義孝氏のブランド、FCLLABO(エフシーエルラボ)。
津留崎氏自身が必要と感じている品物を作っており、「釣って何ぼ」という結果重視型のコンセプトでルアーやロッドをプロデュースしています。
プロユース色が強くて、使う人を選ぶタックルが多くなってますが、ハマる人はめちゃくちゃハマると思います。
あとここのルアーデザインは、ダサかわいく、漁具って感じがしてすごく好き。もちろん動きも凄くタイプです。

fcllabo

PICK UP

また、発信してるコンテンツがすごく面白いことも魅力の1つで、ここではいくつかご紹介。

津留崎理論

俗説に左右されず、実戦・経験に基づいた理論がすごくおもしろいのがこの津留崎理論。
ブランドのオフィシャルHPに掲載されているコンテンツで、これ読んでるだけでここの製品が欲しくなっちゃう。。
http://www.fcllabo.jp/Method.htm

Youtubeチャンネル

ここの製品、店頭でお目にかかることってほぼないんですよね。
でも、このチャンネルみれば、ルアーの動きや使い方、ロッドの調子など、製品の解説動画が載ってます。
それ以外にも、ヒラスズキ・チヌ・ヤマメなどの釣行動画もあり、それがまた面白いんですよね。
普通の釣り番組よりも、現場で使えるノウハウが多く盛り込まれてるし、しかもそれがすごく説得力があります。
聞いてるだけで面白いし、実際に検証したくなって釣りに行きたい欲が爆発しそうになります。
まじ閲覧注意です、、
https://www.youtube.com/user/fcllabo2000

FCLLABO(エフシーエルラボ)、ぜひぜひチェックしてみてください(゚∀゚)

画像出典: FCLLABO http://www.fcllabo.jp/index.html

BLANKA(ブランカ)

静岡県浜名湖チヌ・ガシラ釣行 / 伊良湖サーフィン

関連記事

  1. CASIO G-SHOCK(カシオ ジーショック)

    2016.09.09
  2. The North Face(ザ・ノース・フェイス)

    2015.12.26
  3. Go-Phish(ゴーフィッシュ)

    2017.12.27
  4. CATCH SURF(キャッチサーフ)

    2016.09.21
  5. the naturalist riverside

    2018.08.23
  6. ファイントラック(Finetrack)

    2016.04.03

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

New Post

  1. 東寺
  2. 嵯峨野トロッコ列車
  3. ワイドビューひだ
  4. 雨晴海岸から北アルプスを
  5. 牛馬童子
PAGE TOP