アイリッシュウイスキー4つの分類

今回はウイスキー発祥の地であるアイルランドのウイスキー、アイリッシュウイスキーについてご紹介します。

アイリッシュウイスキー4つの分類

ポットスチルウイスキー

大麦麦芽に、未発芽の大麦やオート麦を混ぜて原料にして、単式蒸溜器で3回蒸溜してつくられたウイスキーです。アイリッシュ伝統の製造方法で、独特のオイリーなフレーバーを持っています。

モルトウイスキー

麦芽のみを原料にしたウイスキーで、シングルモルトアイリッシュウイスキーとも呼ばれています。クーリー蒸溜所では2回、ブッシュミルズ蒸溜所では3回蒸溜されます。

グレーンウイスキー

トウモロコシを主原料にし、連続式蒸溜器で蒸溜する。クーリー蒸溜所とミドルトン蒸溜所で造られるウイスキーで、クーリーではシングルグレーンウイスキーを製造しています。

ブレンデッドウイスキー

複数のモルト原酒とグレーン原酒を混ぜてつくられたウイスキーです。ミドルトン蒸溜所では、数十種類の原酒をつくり、ジェムソン・タラモアデューなど各ブランドに振り分けて製造します。

以上がアイリッシュウイスキーの4分類です。
ウイスキーのルーツともいえるアイリッシュウイスキー。あなたの気になるタイプは4つのうちどれでしょうか?


2015-01-31 | Posted in ウイスキー, ライフスタイル

こちらの記事もぜひ!