Loading

Contents

ウイスキーの元祖、アイリッシュウイスキーの定義とは?

前回は、アイリッシュの種類についてご紹介させていただきましたが、「今回はそもそもアイリッシュウイスキーとは何なのか?」その定義についてご紹介させていただきます。

アイリッシュウイスキーの法的定義

アイリッシュウイスキーは、アイルランド共和国の法律の中の「1980年アイリッシュ・ウイスキー法」で、その定義が定められています。下記に、簡単にその内容をまとめました。

  1. 原料は穀物類を使用
  2. 製造方法において、麦芽に含まれるジアスターゼという酵素によって糖化させ、酵母の働きで発行させること
  3. 蒸溜時のアルコール度数は94.8度以下
  4. 木製樽に詰め、アイルランド共和国または、北アイルランドにある倉庫で3年以上熟成させること

以上がアイリッシュウイスキーの定義になります。
おなじウイスキーでも、スコッチの定義と比べるとその定義が異なるのは面白いですね。

余談ですが、「ウイスキー」の英語の綴りが、アイルランドでは「whiskey」で、スコットランドでは「whisky」となります。ただ、これらに違いがある理由は不明みたいですが。。。

アイリッシュウイスキー4つの分類

手の届きやすい価格のパターンオーダーで、こだわりのオーダースーツを

関連記事

  1. ルパン・次元・不二子・銭形警部のタバコ銘柄のご紹介

    2015.09.24
  2. ドラマ「マッサン」で再注目 スコッチウイスキー5つの分類

    2015.01.26
  3. サードウェーブコーヒーの大本命 清澄白川・青山・代官山に上陸したブルーボトルコー…

    2015.03.23
  4. ニッカウヰスキー・余市蒸溜所のご紹介 —マッサンが選んだウイスキー造りの理想郷—…

    2015.06.28
  5. らでぃっしゅぼーや

    2017.04.29
  6. おいしい珈琲を入れる、お気に入りのマグをさがしましょう

    2015.04.01

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

New Post

  1. アジサイ
  2. 黒部ダム
  3. 白馬三山
  4. 三重ヒラスズキ
  5. 南紀チヌ
PAGE TOP