Loading

Contents

ジャパニーズウイスキーの定義とは

前回は、ジャパニーズウイスキーの種類についてご紹介させていただきましたが、「今回はそもそもジャパニーズウイスキーとは何なのか?」その定義についてご紹介させていただきます。

ジャパニーズウイスキーの法的定義

ジャパニーズウイスキーは、日本の酒税法の中で、その定義が定められています。下記に、簡単にその内容をまとめました。

1.原料は発芽させた穀類
2.発芽させた穀類と水を原料として糖化させ(発芽させた穀類と水で穀物を糖化させても良い)、発酵させたアルコール含有物を蒸溜したもの
3.蒸溜時のアルコール度数は95度未満であること
4.添加して良いのはアルコール、スピリッツ、香味料、色素、水
5.原酒混和率が10%以上であること

以上がジャパニーズウイスキーの定義になります。
当たり前ですが、他の国のウイスキーとは異なり、法律が母国語だったので、まとめやすかったです。(笑)

スコッチの流れを汲んだ繊細な味わい ジャパニーズウイスキー3つの分類

サングラスの王様 Ray-Ban(レイバン)の魅力

関連記事

  1. 珈琲は門外不出の「秘薬」だった

    2015.03.15
  2. 紅茶の歴史5:茶と酒を愛した女王 クイーン・アン

    2016.08.11
  3. アメリカンウイスキーの定義とは

    2015.04.10
  4. 豊かな香りと軽やかな味わい カナディアンウイスキーの定義とは?

    2015.03.19
  5. 濃厚なコクと味わい、芳醇な香りのアッサムティー その生産地と風味について

    2015.05.05
  6. 体にうれしい8つの効能!毎日の紅茶が健康をサポート!

    2015.11.17

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

New Post

  1. 大阪道頓堀
  2. 名港シーバス
  3. TKLM120
PAGE TOP