Loading

Contents

ジャパニーズウイスキーの定義とは

前回は、ジャパニーズウイスキーの種類についてご紹介させていただきましたが、「今回はそもそもジャパニーズウイスキーとは何なのか?」その定義についてご紹介させていただきます。

ジャパニーズウイスキーの法的定義

ジャパニーズウイスキーは、日本の酒税法の中で、その定義が定められています。下記に、簡単にその内容をまとめました。

1.原料は発芽させた穀類
2.発芽させた穀類と水を原料として糖化させ(発芽させた穀類と水で穀物を糖化させても良い)、発酵させたアルコール含有物を蒸溜したもの
3.蒸溜時のアルコール度数は95度未満であること
4.添加して良いのはアルコール、スピリッツ、香味料、色素、水
5.原酒混和率が10%以上であること

以上がジャパニーズウイスキーの定義になります。
当たり前ですが、他の国のウイスキーとは異なり、法律が母国語だったので、まとめやすかったです。(笑)

スコッチの流れを汲んだ繊細な味わい ジャパニーズウイスキー3つの分類

サングラスの王様 Ray-Ban(レイバン)

関連記事

  1. 【名古屋港】サーフィンからの名港シーバス

    2018.07.10
  2. 静岡県遠州灘・大倉戸海岸の風景

    2016.02.11
  3. 【熊野古道】滝尻王子・牛馬童子で写真撮影【和歌山県中辺路】

    2018.11.19
  4. 御前崎をブラブラ観光。港から富士山眺めたり、いちご狩りしたり。

    2019.03.25
  5. ルアーのポートレート写真を撮ってみた

    2019.03.26
  6. 【白峰三山縦走(奈良田→広河原)】はじめての南アルプス

    2018.08.29

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

New Post

  1. 新緑の大糸線
  2. 松山神社
  3. 北アルプス・大糸線リフレクション
PAGE TOP