おいしい珈琲を入れる、お気に入りのマグをさがしましょう

珈琲の豆や淹れ方にこだわっているけど、それを入れるマグには特にこだわっていないという方、結構いらっしゃるんじゃないかと思います。
確かに、どんなマグを使っても、味自体に変化はないかもしれません。
でも、自分のお気に入りのマグに、こだわりの珈琲を注いで飲むと、その時に感じる味って、また少し違ったものになると思うんです。
今回は、McCoy8編集部おすすめのマグをご紹介。

珈琲だけじゃなく、それを入れるマグにもこだわってみませんか?

Burleigh Blue Calico(バーレイ ブルーキャリコ)

bluecalico
bluecalico
bluecalico

英国、バーレイ社(Burleigh)のブルーキャリコ(Blue Calico)。
深いコバルトブルーの花柄が印象的でかわいい。
銅版にロール紙を押して模様を転写し、陶器に貼っていく手作業は、150年前と同じ工場で、 今も昔のままに受け継がれています。
すべて手作りで全く同じものが無いため、オンリーワンを手に入れることも魅力の1つ。

Echo Park Pottery(エコ パーク ポッテリー)

EchoParkPottery
EchoParkPottery
EchoParkPottery

イタリアのデザインチーム”Memphis”にいた唯一のアメリカ人Peter Shireが主宰するEcho Park Potteryのマグ。
ポストモダンを彷彿とさせる独特なかたちや、2色での分け掛けやスプラッターと呼ばれる跳ね掛けによる色付けがとても魅力的です。
マグの裏面にはスタンプが施されていて、Peterの遊び心が感じられます。

イノダコーヒ

inoda
inoda

京都のコーヒー店イノダコーヒのオリジナルカップ。
赤いポットのロゴが可愛いカップと、ブリティッシュな雰囲気漂うマグカップがおすすめです。

にしむら珈琲

nishimura
nishimura

神戸のコーヒー店にしむら珈琲のオリジナルカップ。
昭和の雰囲気漂う、レトロなロゴがいい感じです。
灰皿もいい感じだったのでついでにご紹介。


2015-04-01 | Posted in ライフスタイル, 珈琲

こちらの記事もぜひ!