採寸について

採寸時にお持ちいただきたいもの

お客様のお好みなどを把握したいため、採寸時にはお気に入りのスーツをご持参していただくよう、お願いします。

採寸箇所について

採寸させていただく箇所は下記の通りになります。

総丈(そうたけ)

衿の付け根(首と背中の境目の第六頸椎のあたり)から、かかとの下までの長さのことを言います。総丈の目安としては、身長から23~25cm引いたものになります。

OB(オーバーバスト)

二の腕を含めた、胸の一番張っている部分の周囲のことを言います。。

バスト(胸囲)

二の腕を除いた、胸の一番張っている部分の周囲のことを言います。

着丈(きたけ)

衿の付け根から背の縫目を通って裾までのことを言います。

肩巾(かたはば)

肩先から付け根(首と背中の境目の第六頸椎のあたり)を通り反対側の肩先までのことを言います。

袖丈(そでたけ)

肩の縫い目から、袖の先端の方までのことを言います。
利き腕の方が多少長くなる方が多くなっております。

袖口巾(そでぐちはば)

ジャケットの袖の端から端までの長さのことを言います。

中胴(なかどう)

おなかの一番出ているところで、おへその上あたりの周囲のことを言います。

中胴半寸(なかどうはんすん)

ジャケットのボタンを掛けた状態での、胴回りの半分の出来上がり長さのことを言います。

ヒップ

お尻の一番出ているところの周囲のことを言います。

ウエスト

ベルトをしている部分の周囲のことを言います。

パンツ丈

パンツの帯の上から裾までの長さのことを言います。

股下(またした)

股の付け根から足のかかとまでの長さのことを言います。

股上(またがみ)

帯上から股の縫い目までのことを言います。
「股上」=「パンツ総丈」-「股下」になります。

渡り巾(わたりはば)

太ももの1番広い部分の周囲の長さのことを言います。
足の付け根の部分を基準にしてパンツの端から端までの長さになります。

ヒザ巾(ひざはば)

膝を基準にしたパンツの端から端までの長さのことを言い、股下を半分に折ったところから約5cm上の部分になります。

裾口巾(すそぐちはば)

パンツの裾の端から端までの長さのことを言います。

前のページへ戻る