【シンガポール】ピーコックバス・トーマンが釣れるポイントまとめ


ここのところ、シンガポールでピーコック釣りたいなぁってことで、ポイントを調べてました。
→その2か月後に行ってきました(2017/08/13追記)
シンガポール ピーコックバス釣行 2017/07/29-08/02

どうやらシンガポールの淡水域の釣り場は、リザーバーと呼ばれている貯水池がメインとなるようです。

で、ここに貯められた水が生活用水として使われているため、リザーバーでは水質維持のためにエサ釣りはNGで、ルアーやフライでの釣り限定となっています。

水自給率の向上に取り組んできたシンガポールらしい一面がみえますね。

※釣り堀などは餌釣りOKだったりする

 

で、調べていくと、全ての淡水域のポイントはPUB(シンガポール公益事業庁)が管理しており、立ち入り禁止エリアなども定められていました。

めんどくさそうでやだなーと思ってたのですが、なんとPUBのホームページにはすべてのポイントがまとめられており、シンガポールにいったことない僕みたいな人でも結構敷居は低くなってます。

PUBホームページ

 

でもこのHP、英語だし、載っている地図がミクロすぎるので、これを補完するため、マクロな地図を作ってみました。(2017/5時点)

【シンガポール】ピーコックバスが釣れるポイントまとめ

東京23区くらいの広さの国土で、↑のような感じである程度まとまってるので、ゆっくりまわっても2.3日で全ポイントまわれそうです。

リザーバーの全体的な特徴・ルールとしては、上述のものとかぶってきますが、下記のような感じ。

リザーバーの特徴・ルール

  • 原則水深は浅めで、ウィード多めの皿池的な感じ
  • 定期的にウィード狩りしている
  • エサ釣り禁止でルアーのみ
  • キャッチ&リリース
  • MRTとよばれる電車の駅から近いポイント多め

 

また、各ポイントの特徴については、ネットで調べただけでまだ何とも言えないですが、こんな感じになります。

クランジ・リザーバー

釣り可能なエリアは2箇所。釣り可能エリアは広め。

マリーナ・リザーバー

マリーナリザーバー
マリーナリザーバー
MRTのEW10(Kallang駅)下車し800Mぐらい。
昨年12月に開放されたばかりの新しい釣り場。都会の街並みを背景に釣りを楽しめる。有名なマリーナベイサンズも見える。

パンダン・リザーバー

初心者向けの釣り場らしい。

ベドック・リザーバー

MRTのEW5(Bedok駅)からは2.5kmほどあり、徒歩でのアクセスは無理がある。
駐車場も多いポイントで、高級マンション群の中の公園にある。
釣り可能エリアは広め。

ジュロン・レイク・リザーバー

LakeSide駅からスグでアクセス◎。ジャパニーズ・ガーデンとチャイニーズ・ガーデンに近い。
ジグスピナーや小型の鉄板バイブレーションの釣果あり。浅瀬にスネークヘッドやプレコもいる。
オーバーハングあり。

アッパー・セレター・リザーバー

景色いまいち。釣り可能エリア狭め。

ローワー・セレター・リザーバー

MRTの高架のすぐ下とセレター空港近くの2か所がポイント。それぞれは距離がかなり離れている。

ローワー・パース・リザーバー

釣り可能エリア狭め。足元はゴロタ。

プンゴル・パーク

1~2メートル程度と水深浅め。

ゲイラン川

釣り可能エリア狭め

Kolam Ayer ABC Waterfront

特に情報なし。読み方も分からないw

マクリッチ・リザーバー

釣り可能エリア狭め

パンスア運河

フィッシングデッキ1か所からのみ釣り可能

ローチョー運河

フィッシングデッキ5か所からのみ釣り可能

ペルトン運河

道路沿いにある柵からの釣り

セラングーン・リザーバー

3か所あるデッキから釣り可能。
対岸にセラングーン島があり、雰囲気◎。

ざっとこんな感じになりました。
新しく開放されたポイントなどは特に情報少なくなってます。。

現地で釣りできたら、写真や感想なども追加していきたいなぁ。
あぁ、、
小学生の時、村田さんが釣りビジョン(魚種格闘技戦だっけな)でアマゾン行って釣ってるのをみてからずっと憧れてるピーコック。
釣りたいなぁ。。。

あ、トーマンやアロワナも釣れるみたいです。


2017-05-22 | Posted in Director's Blog, , 釣り

こちらの記事もぜひ!