体型/与えたい印象から選ぶスーツデザイン

スーツは、男性にとって身近でありながら、着こなし次第で魅力をぐんと高めてくれる衣服です。カジュアルからビジネス、フォーマルまで幅広いシーンで着られるため、より自分に似合うものが選べるような知識をまとめました。ぜひ参考にしてみてください。

理想のイメージに近づけるデザイン

同じ生地で作られたスーツであっても、デザインや丈の長さなどで印象が大きく変わります。ここでは、なりたいイメージに近づけられるデザインや丈をご紹介します。

若々しくシャープな印象を与えたい場合は、シングルスーツがおすすめです。フロントボタンが縦に2つ並んだものが主流で、カジュアルに私服としても使いやすいデザインです。また、ジャケットに切り込みのないノーベントにすれば、バックスタイルをタイトに演出できます。よりスッキリと見せたいなら、パンツはノータックにするとよいでしょう。

大人のゆとりを出したい場合は、ダブルスーツでスタイリッシュに着こなすのはいかがでしょうか。ジャケット丈を短めにしてボタン位置を高めにすると、タイトな印象になるため、ダブルのゆったり感が苦手な方でも抵抗なく着られます。シングルスーツとはひと味違ったドレッシーな雰囲気を味わえるので、イメージチェンジにも適しています。

体型にあわせると魅力はさらに高まる

イメージで選ぶことも大切ですが、体型にあわせて選ぶことで、より洗練された着こなしが実現できます。

肩幅が広く体格のよい男性は、ダブルで自分らしさを活かすのはいかがしょうか。ブリティッシュスーツを選べば、肩幅をタイトに見せつつ、ウエストに絞りを入れられます。伝統的なデザインが気品と風格を高め、個性を主張してくれるでしょう。

細身の男性は、シングルをタイトに着こなせます。大きめサイズを選ぶとだらしない印象になりがちなので、ショルダーラインにあわせて選ぶのがポイントです。暗めのカラーよりも膨張効果のあるグレーを選ぶとよいでしょう。ストライプ柄はより細さを強調してしまうため、避けるのがベターです。


2014-12-08 | Posted in ファッション, メンズスーツ

こちらの記事もぜひ!