Loading

Contents

ケーキにチーズ、中華・イタリアンも!温度によって変わる、紅茶と食べ物の相性について

nilgiri

紅茶といえばスイーツとの相性が取り上げられがちですが、実は紅茶はさまざまな食べ物と相性がよい飲み物なのです。
肉料理やイタリア料理、フランス料理、カレー、天ぷら、寿司、中華料理などと合わせると、食事がよりおいしくなります。
その理由は、紅茶に含まれるタンニンにあるのだとか。
今回は、その理由をお伝えするとともに、料理ごとに適した紅茶の温度もご紹介します。

油をさっぱりとさせるタンニンの働き

紅茶の主成分であるタンニンは、中性脂肪を分解させる働きがあります。
この働きが、料理を食べた際に残る口中の油を分解することで、こってりとした料理やスイーツを食べたときの後味をさっぱりとさせます。
バターや脂肪分がたっぷりのケーキに紅茶が合うのは納得ですね。
つまり、脂っこい料理や油分を多く含む食品を食べる際には、紅茶を飲むとおいしく食べられるということ。
おすすめは、タンニンの効果をしっかりと発揮できる濃い紅茶です。

料理と紅茶の温度の相性は?

紅茶を食べ物と一緒に飲む場合は、温度によって相性が異なります。
よりおいしく食べるためにも、相性の良い温度でいただきましょう。

60℃以上(ホット)

ケーキ類をはじめとした洋菓子、和菓子、チーズなど

40〜50℃(ホット)

中華料理、天ぷら、とんかつ、寿司など

8〜10℃(常温)

ステーキ、イタリア料理、肉主体のフランス料理など

3〜5℃(アイス)

カレー、イタリア料理、魚主体のフランス料理など

紅茶を食事のお共として楽しむ

食べ物と一緒に適温の紅茶を飲むことで、よりおいしくいただくことができます。
スイーツはホット、中華料理や和食のときは少し冷ますなど、それぞれの適温を把握しておきましょう。
実際に食べ比べてみて、その違い体感してみてはいかがでしょうか?

CTC製法にオーソドックス製法、紅茶の製法とその特徴について

Joseph Cheaney & Sons(ジョセフ チーニー アンド サンズ)の高級紳士革靴の魅力

関連記事

  1. 濃厚なコクと味わい、芳醇な香りのアッサムティー その生産地と風味について

    2015.05.05
  2. その数1000種類以上! ベルギービールの定義と分類

    2015.04.10
  3. ウイスキーの元祖、アイリッシュウイスキーの定義とは?

    2015.02.03
  4. ハイ・ローストにイタリアン・ロースト?珈琲豆の焙煎度とその風味について

    2015.03.16
  5. ニッカカフェグレーン・マンハッタンのつくり方と味わいのご紹介

    2015.11.14
  6. アメリカンウイスキーの定義とは

    2015.04.10

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

New Post

  1. ヒラスズキ
  2. セイゴ
  3. ハマチ
  4. 名港河川シーバス
  5. 大阪道頓堀
PAGE TOP