体にうれしい8つの効能!毎日の紅茶が健康をサポート!

67b59939e1989c19c1b71c718f655b42_s
紅茶はかつて貴重な薬として珍重されてきた飲み物で、沢山の効能があります。
日常的に飲むことができるようになった今だからこそ、毎日飲んで健康を維持したいものですね。
今回は、知っているようであまり知らないという人も多い、紅茶の効能8つをご紹介します。

紅茶の8つの効能

1.老化予防

紫外線や喫煙、ストレスなど生活のなかで発生する活性酸素は、細胞を酸化させ、肌の老化やさまざまな病気を引き起こします。
紅茶に含まれるタンニンは、酸化を防いで老化を防ぎ、健康と美容をサポートします。

2.肥満予防

タンニンには脂肪を分解する働きがあり、肥満の予防に効果的です。
紅茶を飲んだあとに脂肪を燃焼させる有酸素運動を行うことで、その効果が発揮されます。
ただ、紅茶を飲むだけではタンニンの効果がきちんと表れないため、運動も同時に行うことが大切になります。

3.ガン予防

タンニンの一種であるエピガロカテキンガレートは、強力な抗がん作用があると考えられており、ガン細胞の増殖・分裂をおさえる働きが期待できます。

4.糖尿病予防

タンニンが持つ血糖値の上昇をおさえる働きが、糖尿病の予防に役立ちます。食後は血糖値が上昇しやすくなるため、食事とともに紅茶を飲むとよいでしょう。

5.コレステロール値や血圧の低下

エピガロカテキンガレートが血中のコレステロール濃度を下げ、血管に沈着する悪玉コレステロールを減らし、動脈硬化を防ぎます。
その結果、血流が良くなり、血圧を低下させます。

6.胃腸の調子を整える

カフェインやタンニンが胃壁の緊張を高め、胃液の分泌を活発にし、消化を促進します。
消化が良くなることで食欲がアップすることもあります。腸炎を起こしている場合は、症状を軽減させる働きもあります。

7.食中毒の予防

細菌が繁殖すると食中毒を起こす危険性がありますが、強い殺菌力を持つエピガロカテキンガレートが細菌の繁殖を防ぎ、解毒します。

8.水虫対策

赤色色素のテアフラビンには、水虫の菌の発育をおさえる効果があるとされています。患部を茶殻で拭いたり、紅茶風呂に入ったりするとよいでしょう。

紅茶の効果でいきいきとした毎日に!

紅茶には、健康や美容にうれしいさまざまな効果があるといわれています。紅茶を飲むのはもちろん、茶殻も活用して健康で快適な毎日へと導きましょう!


2015-11-17 | Posted in ライフスタイル, 紅茶

こちらの記事もぜひ!