CTC製法にオーソドックス製法、紅茶の製法とその特徴について

darjeeling

かつて、紅茶の製造は手作業で行われていましたが、現代では機械による製造が中心になってきています。
基本的に紅茶の製造は、「オーソドックス(伝統的)製法」と「アン・オーソドックス(非伝統的)製法」(CTC、ローターバン製法など)の2つに分けられます。
今回は、この2つの製法についてご紹介します。

「オーソドックス製法」

今から約200年前に中国で完成した、古典的な「手づくり」の製法をイギリス人が機械化して発展した製法。
人手による伝統的な製法を機械で忠実に再現されており、ダージリン・アッサム・キーマン・スリランカの一部地域に限って行われています。
丁寧な作業を行うことで、外観にこだわった茶葉を作ったり(リーフタイプ)、水色や香味を重視した茶葉に仕上げたり(ブロークンタイプ)することができるのです。

「アンオーソドックス製法(CTC製法)」

機械化が進む現代において、茶葉づくり効率的に作業が進められるようなりました。
そして、機械の力を生かして大量生産を行う製法が、CTC製法です。
1つの機械で押しつぶす(Crush)、引きちぎる(Tear)、丸める(Curl)の3つの工程を自動でこなすことができ、非常に効率的な生産を実現できます。
できあがった茶葉は、小さな粒状をしています。

品質を左右する茶摘みは手作業で行われる

紅茶づくりでは、茶摘みだけはすべて手作業で行われています。
これは、オーソドックス製法、CTC製法の両者ともに同様です。
手作業で茶摘みを行う理由は、摘み方次第で茶葉の品質が大きく左右されるためです。
先端の新芽(フラワリー・オレンジ・ペコ)、1枚目(オレンジ・ペコ)、2枚目(ペコ)までが理想的な葉とされており、3枚目より下の葉は量産品向けにされます。
3枚目は「マザーリーフ」と呼ばれており、新たな芽を生みだす葉です。
これらの茶葉の状態を熟練の目で見抜き、もっともよい状態で摘むことが大切なのです。

機械と人の手、両方を生かして需要にあった茶葉を作る

紅茶の製造方法にはおもに2種類あり、オーソドックス製法もCTC製法も、どちらも必要とされる製法です。
世界中からさまざまな用途で用いられる紅茶は、それだけ多くの品質や種類を求められます。
そのニーズをクリアするために、機械と人の手の両方を生かして、上質な茶葉から量産品まで幅広い種類を生産しているのです。


2015-08-18 | Posted in ライフスタイル, 紅茶

こちらの記事もぜひ!