Loading

Contents

オレンジペコ・ゴールデンティップス?紅茶のグレード(等級)について

darjeeling

紅茶を選ぶとき、誰もが一度はグレード(等級)について気になったことがあるではないでしょうか。
今回は、このグレードについてスポットライトを当ててご紹介いたします。
まずは、一般的なグレードを下記にまとめましたので、ご覧ください。

紅茶のグレード一覧

グレード(略称) 意味
スーチョン(S) 茶樹の先端から5枚目の葉。細長くねじられていて、中国の燻製茶にも使用される。
ペコ・スーチョン(S) 茶樹の先端から4枚目の葉。短くて太い。
ペコ(P) 茶樹の先端から3枚目の葉。OPより短く、ティップは含まれていない。
オレンジペコ(OP) 茶樹の先端から2枚目の葉。細くよじれた長い形状の茶葉。ティップはほとんど含まれていない。
フラワリー・オレンジペコ(FOP) OP並の大きさの茶葉で、芯芽や若葉が多く含まれるもの。
ゴールデン・フラワリー・オレンジ・ペコ(GFOP) FOPの中でも、ゴールデンティップスが含まれている。
ティッピー・ゴールデン・フラワリー・オレンジ・ペコ(TGFOP) GFOPよりも多くゴールデンティップスが含まれている。
シルバー・ティッピー・ゴールデン・フラワリー・オレンジ・ペコ(STGFOP) FOPの中でも、シルバーティップスが含まれている。
シルバー・ティッピー・ゴールデン・フラワリー・オレンジ・ペコ(STGFOP) 非常に優れた品質のFOP。TGFOPよりさらにティップスを多く含んでいる。
ブロークン・オレンジペコ(BOP) OPが細かく砕かれ、ひとまわり小さくなった茶葉。
フラワリー・ブロークン・オレンジペコ(FBOP) FOPがひとまわり小さくなった茶葉。
ブロークン・オレンジペコ・ファニングス(BOPF) BOPより更に細かくなった茶葉。
ダスト(D) 一番細かく粉状になった茶葉。
シー・ティー・シー(CTC) CTC製法により、顆粒状に作られた形状の茶葉。

紅茶のグレードとは?

紅茶においてグレードとは、茶葉の見た目や形状、サイズなどを表すもので、品質を評価するポイントではないのです。
「お目当ての茶葉や好みの味わいを探す参考にするための概念」という理解が正しいのかなと思います。

誤解されがちな「オレンジ・ペコ」

よく耳にする「オレンジ・ペコ」。では、どういったものなのかはご存じでしょうか?
その名前から、オレンジの香りがする茶葉を想像してしまう方が多いのですが、実際のところはまったくオレンジの香りはしないのです。
オレンジ・ペコとは、紅茶のグレードのひとつで、茶の枝の先端の新芽の次に若い葉の意味で、ほかにも、茶の葉は葉ごとに、ペコ、ペコスーチョン、スーチョンなどそれぞれグレードが付けられています。
これらは葉の形がそのまま残る「フルリーフ」と呼ばれているものです。
そして、切断したり砕いたりしたものを「ブロークン」、より細かく粉砕したものを「ファニングス」といいます。

グレードの意味を正しく理解しよう

誤解されがちな紅茶のグレードですが、葉の形や大きさが価値を決めるわけではないことを理解した上で正しく覚え、使うことができれば、紅茶選びの際に非常に役に立つものとなります。
いきなり全部を覚えるのはハードルが高いとおもうので、上記の表などを使っていただければと思います。

ニッカウヰスキー・余市蒸溜所のご紹介 —マッサンが選んだウイスキー造りの理想郷—

CTC製法にオーソドックス製法、紅茶の製法とその特徴について

関連記事

  1. 実は、同じ種類の木?緑茶・紅茶・ウーロン茶の違いとは

    2015.05.30
  2. ゆったりとした午後のひとときに~紅茶のすすめ~

    2015.02.27
  3. ウイスキーの元祖、アイリッシュウイスキーの定義とは?

    2015.02.03
  4. 紅茶の歴史2:イギリス紅茶文化の母、王妃キャサリン

    2015.12.08
  5. ケーキにチーズ、中華・イタリアンも!温度によって変わる、紅茶と食べ物の相性につい…

    2015.08.19
  6. ジャパニーズウイスキーの定義とは

    2015.04.11

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

New Post

  1. TKLM120
  2. シーバス
PAGE TOP