Loading

Contents

カナディアンウイスキー3つの分類

カナダのウイスキーの代表格といえば、ライトな味わいのブレンデッドウイスキーです。
その他にも、フレーバリングウイスキーやベースウイスキーという、2種類のウイスキーがあります。
今回は、この3種類について、ご紹介いたします。

カナディアンウイスキー3つの分類

フレーバリングウイスキー

ライ麦やその麦芽、大麦麦芽などを原料に、連続式蒸溜機で蒸溜するスパイシーなウイスキーです。
成分のうち、51%以上ライ麦を使用すると、カナディアンライウイスキーと呼ばれます。

ベースウイスキー

とうもろこしなどを原料に、連続式蒸溜機で蒸留する、クセの少ないウイスキーです。
ニュートラルスピリッツに近いもので、樽貯蔵は古樽で3年以上で行われます。

カナディアンウイスキー

上記のフレーバリングウイスキーとベースウイスキーをブレンドしたもので、その名の通り、カナダのウイスキーの代表格です。
バーボンウイスキーやフルーツブランデーなどが添加されることもあります。

5大ウイスキーの中で最もライトな酒質のカナディアンウイスキー。
その酒質から、安っぽいイメージをもたれがちですが、アメリカが禁酒法時代に突入したあたりに起こったライトウイスキーブームでファンを大量に獲得したほどの品質です。
この豊かな香りとライトな味わい、ぜひ一度ご賞味ください。

ウイスキーの元祖、アイリッシュウイスキーの定義とは?

豊かな香りと軽やかな味わい カナディアンウイスキーの定義とは?

関連記事

  1. 和歌山県白浜地磯・大崎の風景

    2016.02.02
  2. 収穫は虹だけ…伊良湖⇔静岡いってきました。

    2016.08.22
  3. Nossa Senhora(ノッサセニョーラ) Tシャツ第1弾、生産しました。

    2016.07.17
  4. 和歌山県南紀・白浜/日置の風景

    2016.04.30
  5. 珈琲は水の硬度でも味が変わる 水と珈琲の風味について

    2015.03.25
  6. 和歌山県南紀・富田川の風景

    2016.05.02

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

New Post

  1. ヒラスズキ
  2. 東寺
  3. 嵯峨野トロッコ列車
  4. ワイドビューひだ
  5. 雨晴海岸から北アルプスを
PAGE TOP