Loading

Contents

ウイスキーの元祖、アイリッシュウイスキーの定義とは?

前回は、アイリッシュの種類についてご紹介させていただきましたが、「今回はそもそもアイリッシュウイスキーとは何なのか?」その定義についてご紹介させていただきます。

アイリッシュウイスキーの法的定義

アイリッシュウイスキーは、アイルランド共和国の法律の中の「1980年アイリッシュ・ウイスキー法」で、その定義が定められています。下記に、簡単にその内容をまとめました。

  1. 原料は穀物類を使用
  2. 製造方法において、麦芽に含まれるジアスターゼという酵素によって糖化させ、酵母の働きで発行させること
  3. 蒸溜時のアルコール度数は94.8度以下
  4. 木製樽に詰め、アイルランド共和国または、北アイルランドにある倉庫で3年以上熟成させること

以上がアイリッシュウイスキーの定義になります。
おなじウイスキーでも、スコッチの定義と比べるとその定義が異なるのは面白いですね。

余談ですが、「ウイスキー」の英語の綴りが、アイルランドでは「whiskey」で、スコットランドでは「whisky」となります。ただ、これらに違いがある理由は不明みたいですが。。。

アイリッシュウイスキー4つの分類

カナディアンウイスキー3つの分類

関連記事

  1. 【和歌山ヒラスズキ】今年もGET♪あけおめ元日Fish

    2018.01.03
  2. アニメ「ゆるキャン△」の聖地・ふもとっぱらで富士山見ながら冬キャンプしてきた

    2018.12.21
  3. ルアーのポートレート写真を撮ってみた

    2019.03.26
  4. 奥多摩の風景

    2015.12.17
  5. 愛知県田原市伊良湖の風景

    2016.09.30
  6. ニッカウヰスキー・余市蒸溜所のご紹介 —マッサンが選んだウイスキー造りの理想郷—…

    2015.06.28

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

New Post

  1. 渓流ベイトタックル
  2. アマゴ
  3. フラワーズ(Flowers)のオムライス
  4. 興徳寺
  5. 浜名湖弁天島の朝
PAGE TOP