Loading

Contents

ジャパニーズウイスキーの定義とは

前回は、ジャパニーズウイスキーの種類についてご紹介させていただきましたが、「今回はそもそもジャパニーズウイスキーとは何なのか?」その定義についてご紹介させていただきます。

ジャパニーズウイスキーの法的定義

ジャパニーズウイスキーは、日本の酒税法の中で、その定義が定められています。下記に、簡単にその内容をまとめました。

1.原料は発芽させた穀類
2.発芽させた穀類と水を原料として糖化させ(発芽させた穀類と水で穀物を糖化させても良い)、発酵させたアルコール含有物を蒸溜したもの
3.蒸溜時のアルコール度数は95度未満であること
4.添加して良いのはアルコール、スピリッツ、香味料、色素、水
5.原酒混和率が10%以上であること

以上がジャパニーズウイスキーの定義になります。
当たり前ですが、他の国のウイスキーとは異なり、法律が母国語だったので、まとめやすかったです。(笑)

スコッチの流れを汲んだ繊細な味わい ジャパニーズウイスキー3つの分類

サングラスの王様 Ray-Ban(レイバン)

関連記事

  1. 和歌山県白浜地磯・大崎の風景

    2016.02.02
  2. 【沖縄】釣り・飯・シュノーケリング…台風でしたが楽しかったです

    2018.10.10
  3. ペニーレインでバーボン

    2018.06.26
  4. シンガポール セントジョンズ島釣行

    2017.08.10
  5. 2016初秋磯ヒラスズキ釣行その2 強風ババ荒れフィッシング

    2016.11.17
  6. 今年はドライTシャツ作ろうと

    2017.04.25

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

New Post

  1. ヒラスズキ
  2. 東寺
  3. 嵯峨野トロッコ列車
  4. ワイドビューひだ
  5. 雨晴海岸から北アルプスを
PAGE TOP