Loading

Contents

シンガポール旅行、配車サービス「Grab(グラブ)」が便利すぎました

シンガポール旅行の時、その便利さにめちゃくちゃ衝撃をうけた配車サービス「Grab(グラブ)」。
シンガポールって、自分でタクシーつかまえるの結構難しいので、これはすごく使いました。
しかも、国自体が東京23区ほどの広さで、料金自体も安いので、移動手段はほぼほぼ「Grab(グラブ)」を使ったものとなりました。

※ホントは最初Uberを使ってたのですが、アカウント停止になってたので、ほとんどGrabを使ってました。アカウント停止の理由は不明です。何も悪いことしてないと思うのですが、、

Grabって?

2012年からサービスが始まり、タイ、インドネシア、フィリピン、シンガポール、ベトナムなど、アジアを中心に利用者が急増している配車サービス。
スマホにGrabアプリ入れてアカウント登録するだけで、近くにいるGrabドライバーを呼び、目的地まで送迎してもらうことができるのです。

使い方

スマホにAppStoreもしくはGoogle Playから「Grab」をダウンロード。
その後起動すると、会員登録画面へ行きます。
会員登録画面

必要事項を入力すると、登録した携帯の電話番号宛に、認証コードが記載されたSMSが届きます。
届いた認証コードを、↓の画面に入力すると登録完了。これでGrabのサービスを利用できるようになります。
認証コード入力

次に、実際に目的地に行くまでの流れです。
目的地入力
Grabを起動すると↑のような画面が開きます。
赤枠が現在地で、青枠が目的地になります。
目立つような施設だと、施設名を入力すればOKです。そうでない場合は、住所を入力すればOK。
↓の赤いピンが目的地を指すので、間違いのないように確認してください。
地図右上青い丸が現在地で、車のアイコンが周辺に待機しているタクシーの数と場所になります。

次に、タクシーの種類を選びます。
種類選び
「Just Grab」が最も近くのドライバーさんでの利用。最も一般的ですね。
「Grab Share」が相乗りでの利用で、安く利用したいならこれ。相乗りといっても、時間内に相乗りするお客さんがいない場合、一人で乗ることになります。最初は不安でしたが、慣れてきたら僕はずっとこれ使ってました。
ここからは僕は利用してないので詳しくないのですが、「Standaed Taxi」は一般タクシーの利用。「Grab Car」は7人乗りなどの大型車。「Grab Hitch」や「Grab Family」はよくわかりません笑。「Electric Taxi」は、おそらく電気自動車ですね。
で、各項目の右側、「SGD~」となっているのは利用料金。「~min」というのは、目的地までの到着予想時間です。

ここでタクシーの種類を選ぶと、次に行くのは↓の画面。
個人orビジネス
個人的な利用か、ビジネスでの利用かの選択になります。
僕は使ったことないのですが、ビジネスを選ぶと、領収書がもらえるみたいです。
基本的には、「Personal」を選択でいいと思います。

次は、決済方法も選択。
事前に登録しておけば、クレジットカードの決済も可能です。
ここはクレカ決済がおすすめですね。現金だとおつりのやりとりとか面倒なので。
決済方法

これを選択すると後はドライバーの到着を待つだけ。
到着すると、車のナンバーとドライバーの顔写真がでるので、見つけるのも簡単。
車に乗ったら、目的地などはすべてドライバーも把握しているので、到着を待つだけ。
クレカ決済の場合はそのまま車出ちゃえばOKで、現金の場合は、清算したらOK。

日本のタクシーみたく、道中に話しかけられることもないので、英語苦手な方でも安心して使えるのではないでしょうか。

これを使えば、普通にタクシーを利用するよりも目的地までスムーズかつスピーディーにいけますし、なにより安いです。
ぜひぜひシンガポールやタイなど、利用できる国にいったら使ってみてください^^

2017夏 和歌山南紀合川ダム 超久々のバス釣りが面白すぎた件、、

大貫妙子(おおぬきたえこ)

関連記事

  1. 和歌山南紀合川ダムバスフィッシング 2017/8/16

    2017.08.18
  2. ノッサセニョーラステッカー完成とLINEスタンプリリース

    2016.09.21
  3. 今年はドライTシャツ作ろうと

    2017.04.25
  4. 【岐阜郡上長良川】はじめてのフライフィッシング 2018/02/27

    2018.02.28
  5. 【名古屋港】イナッコパターン雨後シーバス 2017/10/28

    2017.10.28
  6. 2017/4/25 岐阜郡上長良川水系 アマゴフィーバーとイケメンイワナ

    2017.04.28

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

New Post

  1. 尾鷲ヒラスズキ
  2. 荘川アマゴ
  3. 名古屋港
  4. 千葉房総地磯
  5. 南紀磯ヒラスズキ
PAGE TOP