原料はジャコウネコのフン?インドネシアの最高級珈琲コピルアク(kopi luwak)とは

コピルアク(kopi luwak)とは

コピルアク(kopi luwak インドネシア語)の「コピ(kopi)」は珈琲、「ルアク(luwak)」はマレージャコウネコの意味。
このコピルアクは、ジャコウネコのフンから採られる未消化の珈琲豆のことで、その独特の豊かな香り・味わいと希少性から、最高級のコーヒーとして世界中の珈琲愛飲家から愛されています。

珈琲豆を食べるジャコウネコ
ジャコウネコのフン

最高級たる所以はその手間暇かかる生産方法と独特の風味

コピルアクが「最高級」や「幻のコーヒー」と呼ばれるのは、その生産方法にあります。
コピルアクは、コーヒーの実を食べた野生のジャコウネコが、排出(排泄)したフンの中から、消化されていない豆だけを拾い集め、それを水洗いして乾燥させたものであり、大量生産ができません。そのため、希少性が非常に高く、値段も非常に高価なものとなっています。
※現地で1杯約8ドル(約670円)、インドネシア国外では1杯約50ドル(約4,200円)

また、ただ高価なだけではなく、風味も非常に独特で美味しいものとなっています。
この風味のカギは、ジャコウネコが分泌する霊猫香(れいびょうこう)という、香料の原料としても知られる消化液であるようです。

shutterstock_125466521

世界中が注目

このコピルアク、国内メディアはもちろん、全米興行収入で1位を記録した大ヒット映画「最高の人生の見つけ方」の中でも取り上げられるなど、世界中が注目している珈琲豆になります。

注意 偽物が増えています

コピルアクに注目が集まってきている近年、偽物や、粗悪な品質のものが現地インドネシアのみならず世界中で出回っており問題となっております。
ただ、現状、科学的なに検証することもできないようで、信用できる店舗で購入するしかないようです。


2015-03-23 | Posted in ライフスタイル, 珈琲

こちらの記事もぜひ!