Loading

Contents

TACKLEHOUSE(タックルハウス)

tacklehouse

About “TACKLEHOUSE(タックルハウス)”

tacklehouse
tacklehouse
BLUE OCEAN・Tuned K-TEN・Twinkle…
ソルト・フレッシュウォーターともに名作ルアーをつくり・今もなお斬新なコンセプトのルアーをリリースしつづけている「TACKLEHOUSE(タックルハウス)」。
多くのメーカー・ルアーが採用している重心移動システムのベースとなった「K-TENシステム」を考案した二宮正樹さんがデザイナーとして在籍として在籍してることでも有名です。
※二宮さんのブログ「K-TEN Laboratory」、面白いです。気になった方、ぜひ全記事読んでみてください!

PICKUP

TKLM120
ど定番かつ、大好きな「TKLM120」。
スローに引いた時テロテロ動く感じとか、ストップ&トゥイッチの動きとかが艶めかしすぎてたまらないです。
磯ヒラから湾奥シーバスまで、オールラウンドに使ってます。大好き。

TKF-130 Force
ビューンと飛んで、ブリブリ流れの中を泳いできてくれる「TKF-130 Force」。
足場高いところにはちょっと弱いけど、ヒラはじめ青物がよぉ釣れます。
ダツキラーなので、あいつがいそうなところで使うのは危険です。

BKRP140
「BKRP140EX」これは半分自慢ですすみません。。飴色がかったサバカラーとヒラが何度見てもエモすぎます、、、(*’▽’)
リップルポッパーも大好きなんですよねー。
水面が適度に荒れてて、流れができてるポイントとか、ついつい投げちゃいます。
ベタ凪でも、迷ったら投げるときありますが笑
ただ、個人的に乗せにくいルアーで、ヒラにムーンサルトで空中に飛ばされるこいつを何度も見てきました。。。^^;
でも投げちゃう笑

SOL43
「オルガリップレス」。メバルやセイゴなど、ライトゲームでついつい投げちゃいます。
ユラ~って漂わせたり、デッドスローで引いたり、それでも食いきらないときはちょっと早めに巻いてみたり、、、
初めて使うとき、泳ぐレンジが浅すぎてちょっと不安になるけど、安心してください、魚が飛び出してきます。

デザインもかわいく、コア過ぎない。
もちろん実用的で釣れる。そんなルアーをお探しのかたはぜひTACKLEHOUSE(タックルハウス)を(^^

画像出典:TACKLEHOUSE

Go-Phish(ゴーフィッシュ)

【和歌山ヒラスズキ】今年もGET♪あけおめ元日Fish 2018/01/01

関連記事

  1. リトルプレゼンツ(LITTLE PRESENTS)

    2016.04.03
  2. AFENDS(アフェンズ)

    2017.04.09
  3. The North Face(ザ・ノース・フェイス)

    2015.12.26
  4. Opinel(オピネル)

    2017.04.27
  5. コーカーズ(Korkers)

    2016.04.04
  6. ファイントラック(Finetrack)

    2016.04.03

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

New Post

  1. イワナ
  2. シーバス
  3. 伊良湖サーフィン
  4. 知多漁港
  5. ペニーレイン
PAGE TOP