Loading

Contents

Go-Phish(ゴーフィッシュ)

About “Go-Phish(ゴーフィッシュ)”

gophish
武田栄氏が主宰するフィッシングギアブランド「Go-Phish(ゴーフィッシュ)」。
磯ヒラから、メバル・アジなどのライトゲームまで、幅広くもコアな楽しみ方を提案してくれます。
タックルハウス製品のGo-Phishチューンや、タケダクラフトというオリジナル製品が有名なのかなぁ。
個人的には、実用的かつオシャレなカラーデザインが大好き。ついつい釣りに行きたくなってしまう。

PICK UP

TKLM120-GP

TKLM120-GP
タックルハウスのど定番ルアー・TKLM120のGoPhishチューン「TKLM120-GP」。
渋くてかわいいイエローヘッドや、ど派手なマットカラーがたまらない。

ヒラフィードGP

ヒラフィードGP
こちらもタックルハウスのルアー、「フィードシャロー128」のGoPhishチューン「ヒラフィード128GP」。
フィードシャロー128を磯ヒラ向けにウェイトアップチューン。強いサラシ・流れの中でも安定して泳ぐようになってます。
一番左の若バナナカラー、お気に入りでヒラもマルも釣ったのに、こないだロストしちゃいました。。思い出すだけでショック。

オルガリップレス43-GP

オルガリップレス43-GP
これは最近メバルやセイゴ釣るときによく使ってる、「オルガリップレス43-GP」。
タックルハウスの「オルガリップレス43」がベースですね。
エモいカラーにリアクションバイトしました!

CPSW64 smashW

CPSW64 smashW
スミスの名作「チャグポップ」のGoPhishカスタム。
これもウェイトアップチューンですかね。チヌでも使えますが、オリジナルと同じく、ふつーにバスでも使えます。
イッちゃってる目と、カラーがかわいすぎる。。

他にも、タケダクラフトというラインや、アパレル・アクセサリーなどもそろってる「Go-Phish(ゴーフィッシュ)」。
“渋カワイイ”デザインがたまらない。これらを持って釣りに行きたくなること確実でしょう。

画像出典:Go-Phish http://go-phish.com/

【愛知知多メバル】漁港のチビメバルと磯メバル

TACKLEHOUSE(タックルハウス)

関連記事

  1. the naturalist riverside

    2018.08.23
  2. LITTLE PRESENTS(リトルプレゼンツ)

    2016.04.03
  3. モンベル(mont-bell)

    2015.12.28
  4. PeakDesign(ピークデザイン)

    2018.09.10
  5. FCLLABO(エフシーエルラボ)

    2017.06.25
  6. The North Face(ザ・ノース・フェイス)

    2015.12.26

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

New Post

  1. 劔岳とワイドビューひだ
  2. 写真撮影機材とタックル
  3. 紀伊田原の海霧
  4. 甲州ほうとう 小作
  5. 御嶽昇仙峡の仙娥滝
PAGE TOP