Loading

Contents

【南紀和歌山】はじめての清流チヌトップ

2018/08/15

去年からずーーっとやりたかった清流でのチヌトップ、南紀の川でやってきました。
日も登りきった朝7時ごろからのスタートで、潮は下げ始めのタイミング。

和歌山清流

そもそも海の魚がいるかどうかさえ怪しくなるこんな景色。
高校生くらいのとき、川の上流でチヌを釣ってた記憶だけを心の支えに、ルアーを投げつつ魚を探します。

今回のルアーはトップウォーター縛り。
ルアーケースは、この日のこのシチュエーションのために買った、pencoのストレージコンテナ-。
良い感じにダサくてカッコイイ。へへへ。

上流に向かって水際を歩いてると、色の薄いグレーのチヌが回遊してるのを発見。
キレイな魚体に癒されつつ、ターゲットがちゃんとこのエリアにいることに安心。

ただ、狙ってみるも、ルアーを完全に無視。

その後も、シャローエリアを回遊しているチヌを数匹発見するも、ルアーは完全無視。
やっぱ回遊してるやつは厳しい。

この日、シャローエリアにいるのは、こういうやつらばっかり。
時間の無駄になりそうだったので、もうこいつらは無視。
ブレイクや流心近くに潜んでいる個体をターゲットに。

川に立ち入り、ウエットウェーディングスタイルでキープキャスト。
足元付近には鯉やチヌがウロウロ。

ロケーション最高です。

そんな感じで癒されつつ、ブレイクを攻めてると、ボシュッとテンション高めのバイト。
こういうとこまで遡上してくるくらいですから、やっぱ活性も高いのでしょう。

上がってきたのは50ちょい位の良いサイズ。

清流チヌ

回遊してるやつらとは違って、真っ黒な渋いボディ。
GoPhishカスタムのチャグポップ、CPSW64 smash W。
お気に入りのカメムシカラーで釣れて大満足。

相変わらず、チヌは顔付近のブルーパールがキレイだなぁ。

1匹釣ったら大満足。
結局開始40分くらいで終了。

まだ1日も始まったばかりなので、次のターゲット、アマゴを狙いに山へ向かいます。

—–
ロッド: スタッカート76 LTS-HX, ツララ
リール: セルテート 2004 3000 , ダイワ
ライン: PE(1.0号)
リーダー: フロロカーボン(2号)
ルアー: CPSW64 smash W , スミス–ゴーフィッシュ

【浜名湖】夕暮れチヌトップ

【南紀和歌山】源流にひそむ天然あまごを求めて

関連記事

  1. 【熊野古道】滝尻王子・牛馬童子で写真撮影【和歌山県中辺路】

    2018.11.19
  2. 2016初冬南紀磯ヒラスズキ釣行(白浜・枯木灘) 釣りを諦めて

    2017.01.12
  3. 【京都東寺】紅葉ライトアップを撮影してきました

    2018.12.10
  4. ドラマ「マッサン」で再注目を浴びるスコッチウイスキーの定義とは?

    2015.01.29
  5. 【和歌山南紀】爆・磯ヒラスズキ 緊張と歓喜の8キャッチ

    2017.12.15
  6. 和歌山県日置川・安川渓谷アマゴ渓流ミノー釣行

    2017.03.29

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

New Post

  1. 渓流ベイトタックル
  2. アマゴ
  3. フラワーズ(Flowers)のオムライス
  4. 興徳寺
  5. 浜名湖弁天島の朝
PAGE TOP