雲海漂う幻想的な風景 郡上八幡城

雲海の中に浮かぶ幻想的な山城 郡上八幡城へ行ってきた

雨上がりの晴れ予報。
雲海が出てくれそうなタイミングだったため、週末は岐阜県郡上へ行ってきました。

釣りに行くばかりでゆっくり観光をしたこともない場所だったため、撮影と観光どちらも楽しむ魂胆です。

ゆっくりしすぎて遅刻。。

沈みゆく満月

到着したのは日も上がった6:30頃。
ゆっくりしているうちに遅刻してしまいました。。

空も明るくなってきているなか、山に沈んでいく満月がキレイでした。

雲海漂う郡上八幡城

雲海漂う幻想的な風景 郡上八幡城

ギリギリセーフで撮影完了。
これを撮った後、お城に陽も差してきて、霧は一気に晴れてしまいました。

朝日を浴びる郡上八幡城

朝日浴びる郡上八幡城

霧はすっかり晴れてしまった後だけど、これも結構お気に入り。

郡上八幡城の中へ行くことに

撮影後は、お城の中へ入ることに。
この時期は、9時まで入場できないため、それまでは近隣にある清水珈琲でモーニングを食べて時間つぶし。

釣りと登山と旅、写真のブログ「Nossa(ノッサ)」

郡上八幡城の俯瞰撮影を終えた後、小腹が空いたので朝ごはんを。 早朝7時からやっているお店が少ない中、見つけたのが今回ご紹…

市営愛宕駐車場に無料で駐車

平日だからなのか?
詳しいことは分からないのですが、たまに無料で開放されることがある「市営愛宕駐車場」を利用しました。

郡上でパーキングを探すときは、まずここをチェックするのがいいと思います。

お城の近くにパーキングもあるようなのですが、今回は城下町の散策もしたかったため、ここに駐車しました。

いざお城へ

郡上八幡市街地図

市営愛宕駐車場から、この写真の「現在地」の記載があるところまでは平地。
ここから先は、岸剣神社を通ってお城までは坂道を歩くルートを選んだのですが、勾配のある坂道でした。

郡上八幡城までの山道

舗装されてない所を歩くこともありましたが、まぁスニーカーで十分かなぁといった感じです。

郡上八幡城の紅葉はもうちょっと先

紅葉の気配漂う郡上八幡城

今回全く考えてなかったのですが、お城の周辺は紅葉するようで。
もうちょっとしたら、ベストな状態になるのではないでしょうか。

紅葉の気配漂う郡上八幡城

雲海と紅葉を絡めた郡上八幡城、また今度撮りに来ようかなと思います。

お城入口から郡上八幡を俯瞰

お城から郡上八幡の町を俯瞰

お城の入り口付近からは、郡上八幡の町を俯瞰することができます。
入口近くの案内所で、大人料金320円を支払って入城します。

日本最古の木造再建城に入場

郡上八幡城に入城

受付を済まして入城。

城内に展示されている鎧

城内には、鎧などが展示されていました。

郡上八幡の立体模型

郡上八幡の町を立体模型にしたものも。

歩くとギシギシ音が

日本最古の木造再建城は歩くとギシギシ音が

日本最古の木造再建城とされる郡上八幡城。
木造らしく、一歩足を踏み出すだけでギシギシ音が城内に響き渡ります。
この日はそこまで人がいなかったので大丈夫でしたが、大勢人がいるとかなりストレスかも(汗)

城内から郡上八幡を俯瞰

郡上八幡城から町を俯瞰

先ほどのお城入口からだけでなく、城内からも町を俯瞰することができます。

日本各地のお城の写真が展示

日本各地のお城の写真が展示

城内の展示物で一番印象深かったのがこれ。
日本各地の名立たるお城の写真が展示されています。
自分好みのお城を探しながら、ずーっと見てられました。

雲海の俯瞰撮影だけじゃなく、ぜひ城内にも

雲海の中に浮かぶ風景から、「天空の城」とも呼ばれる郡上八幡城。
撮影後はそのまま帰らず、被写体を知るという意味でも、城内に入ってみてはいかがでしょうか。

今回はあまりタイミングよくなかったですが、紅葉や雪のシーズンでは素晴らしい写真も撮れるみたいです。

郡上八幡城について

オフィシャルHP

郡上八幡城|日本最古の木造再建城

郡上八幡城の天守閣は再建80周年を迎えた日本最古の木造再建城です。旅行口コミサイトTripAdvisor行ってよかった!…

料金

大人(高校生以上) 320円
小人(小・中学生) 150円

開館時間

時期によって開館時間が異なるため、注意が必要です。

3~5月・9~10月 9:00~17:00
6~8月 8:00~18:00
11~2月 9:00~16:30
雲海漂う幻想的な風景 郡上八幡城
最新情報をチェックしよう!