Loading

Contents

2016初秋磯ヒラスズキ釣行その2 強風ババ荒れフィッシング

前回に続いて紀南釣行第二弾(11/2-3)。

名古屋〜紀伊田辺(三重熊野周り)のルートはついにカーナビ無しで行けるようになり、軽自動車で5Hでこれるようになりました。当初は6〜5.5Hかかってたので、かなりタイムも伸びてきました。

ただ、初日の11/2はなぜか朝から仕事関係の人たちと昼前まで飲みにいったせいで、到着が夕方に。この日はかるーくメッキ釣りをしただけで、翌日11/3に備えて早めの睡眠。
当日はウネリはすくないですが、午前中10〜13mくらいの北西風が吹く予報。釣れそうやなーっていう期待でワクワクしてたのもあり、目覚ましより早く起床。いや、釣り行く日はいつもこうか。

で、そこでトラブル。朝起きて30秒でトラブル。
この日は単独釣行が多い僕には珍しく、小学生の時からの友達と一緒に行く約束していたのです。
そしてこの人がこの日寝坊するのです。なぜ僕の友達は寝坊する人が多いのか。
※僕は仕事以外は寝坊しません

鬼電&鬼LINEして起こす→二度寝される→鬼電&鬼LINEして起こす→やっと来る

寝坊されるの慣れてて、特に何も思わなくなってるのでフツーに合流。
予報通り北西風が強く、ワクワクしながら今日のルートとか話しながら、コンビニで食料調達→現場へ向かいます。

車から磯をみると爆風ババ荒れ高まるココロ。
「これ一投目で釣れるやろー」「やばいなー釣れ釣れやなー」とかいいながら磯におりる準備を始める寝間着の僕。
ふと横をみると準備完了していつでも降りれる状態の友達。着替えた状態で迎えにきてたのですこの人。

友達「はよせぇよ」
…ウザすぎて爆笑。寝坊したのに「はよせぇよ」笑

そんなやりとりしつつ2人とも準備完了になって、磯に降りて各ポイントをチェック。
ベイトっ気はなく、荒れはじめたばっかやからまだ接岸してきてないんかなーって感じ。

ちょっとまだきびしいかなーとか思いながらアダージョヘビーで水面直下引いてると水面バシュ。
2016初秋磯ヒラ釣行その2 強風ババ荒れフィッシング
シオがヒット。
ヒラだともっとうれしかったけどニヤリ。たのしすぎる。。。
で、魚をニヤニヤサワサワしてるうちに、友達がヒラGET。
2016初秋磯ヒラ釣行その2 強風ババ荒れフィッシング
居ついてただけで群れで入ってるわけではなさそうとなってコンビニで氷買ってポイント移動。
次のポイントもいい感じに荒れてるけど先行者あり。キビナゴっぽいベイトは少量いるものの、ヒラとかは入ってきてなさそうな感じ。
ミノー・シンペン・バイブなど一通りローテしながらチェックしてもチェイスも確認出来ず、風裏で先行者の人と磯際ミーティング。青物とかヒラ釣った話しを色々聞かせてもらう。たのしい。
2016初秋磯ヒラ釣行その2 強風ババ荒れフィッシング

もっとベイト入ってくるの待ちつつ色々ポイント流していこっかーって話しになってミーティング終了。
それぞれ次のポイントへ移動していくのでした。

つづきはまたその3ということでm(_ _)m

>>その3

ROD: ゼファー PZS-110 トゥルーキャスター, EverGreen
REEL: ツインパワー2016 5000HG, SHIMANO
LINE: PE(1.5)+Shock Leader 60lb
LURE: アダージョヘビー105 ハーフホロキビナゴ ,Duel

 

Written by  ペドロ冨里

2016初秋磯ヒラ釣行その1 磯ヒラスズキ→ハッピーフィッシング

和歌山県南紀磯ヒラスズキ釣行(白浜・枯木灘・串本) 2016/11/23-24

関連記事

  1. NossaSenhoraのクレジットタイトル、制作しました

    2016.08.26
  2. 【大阪日本橋・道頓堀・新世界】ヒラスズキに後ろ髪を引かれつつ

    2017.11.20
  3. 【和歌山ヒラスズキ】今年もGET♪あけおめ元日Fish 2018/01/01

    2018.01.03
  4. Nossa Senhora(ノッサセニョーラ) Tシャツ第1弾、生産しました。

    2016.07.17
  5. ノッサセニョーラステッカー完成とLINEスタンプリリース

    2016.09.21
  6. 2016初秋磯ヒラスズキ釣行その3 突き上げバイトと負傷

    2016.11.30

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

New Post

  1. 浜名湖セイゴ
  2. directors blog
  3. ヒラスズキ
  4. ヒラスズキ
  5. tacklehouse
PAGE TOP