Loading

Contents

【三重尾鷲・熊野】磯ヒラボーズからの河口ヒラ爆

2018/05/07

岐阜にフライしに行くつもりでいた中、ふと天気予報を見ると南からのウネリ&風が紀伊半島にあたってる。
「尾鷲・熊野に磯ヒラ行くしかないな…」

—–
4月中旬からここまでの間、天候的には良い条件で紀伊半島の西~南側にエントリー出来ていたのですが、あんまり満足のいく結果を得られていませんでした。
例年のことを考えると春爆は開幕していい頃。。。
黒潮離岸がこの結果の大きな影響とはおもってはいたものの、尾鷲・熊野は未調査。
もともと、SNSではあまり釣果があげられることが少ないエリアなだけに、実はココだけ爆るんじゃないか気になってたので、この機会に調査することにしたのです。
—–

午後からシケる予報だったので、ゆっくり9時ごろに名古屋を出発。
12時過ぎに現場着です。

熊野地磯

小雨と微風。
このエリアはこういう天気のほうが、独特の雰囲気が出てて好き。

熊野地磯

途中、鹿とタヌキに遭遇し、熊に遭遇する恐怖と闘いながら磯へ。

熊野地磯

到着。
長時間、山を歩いた末に見えてくる海。
この瞬間も好き。

パッと見イイ感じ。
でもよく見ると海には泡が。潮が流れていないよう。
最近の紀伊半島、どこもこんな感じなんだなー。

熊野地磯

あの手この手を使っていろんなポイントを探るも、結局ここも反応はなし。

楯ヶ崎

楯ヶ崎の絶景を味わった後、車で移動し、いくつか気になるポイントを調査するも反応はなし。

やっぱこのエリアも磯ヒラダメなのかなー。
ってことで、諦めて尾鷲港へ。

夕方から豪雨の予報だったので、ここからは小規模河川の河口でヒラを狙うプランに変更。

日が沈み、暗くなって常夜灯がつく。
雨が降り始めて川の水位が上昇。
ど干潮からの上げ始め。

このタイミングで、ワンダーライト50を結んでキャスト。
川幅は5~10mくらいで、このタックルでも十分対岸に届く感じです。

少し上流の対岸の際から、ローテンションでドリフトし、地形変化のあるところでかるくトゥイッチ。
早速、クンッと魚からの反応あるもフッキングには至らず。
もう少し上流に流し、若干レンジを下げて流すと、ゴンッと向こうアワセなバイト。
ライトタックルなので、ライン出まくり。

…超楽しい。。。

上がってきたのは40手前くらいのヒラセイゴ。

尾鷲ヒラスズキ

その後は同じパターンで1キャスト1バイト。
1時間で30~40cmちょいくらいのが30本以上釣れました。
これ以上無いくらいビショビショになりましたが、楽しすぎたからいいのです!

尾鷲ヒラスズキ

魚矢限定カラーがかわいすぎて衝動買いしたワンダーライト50。
これで釣れたことにも満足。

でも、次は磯ヒラで爆りたいなぁー笑
とりあえず、黒潮接岸をお祈りし続けるしかないかな!

—–
ロッド: ゼファー PZS-110 トゥルーキャスター, エバーグリーン
リール: バイオマスターSW 2013 5000XG, シマノ
ライン: PE(2.0号)
リーダー: フロロカーボン(10号)
ルアー: TKLM120-GP , タックルハウス–ゴーフィッシュ
TKLM90-GP , タックルハウス–ゴーフィッシュ
BKRP115GP”24G” , タックルハウス–ゴーフィッシュ
TKRP 90SW-GP , タックルハウス–ゴーフィッシュ
ヒラフィードGP , タックルハウス–ゴーフィッシュ

—–
ロッド: クプアス48 , ツララ
リール: カルカッタコンクエストBFS , シマノ
ライン: PE(0.6号)
リーダー: フロロカーボン(1.5号)
ルアー: ワンダーライト50 , ラッキークラフト
ハードコアミノー50S , デュエル
Dコンタクト , スミス

【岐阜荘川・一色川】フライでの初アマゴ・初イワナ

【南紀和歌山チヌトップ】ぽこぽこポップRと控えめバイト

関連記事

  1. 岐阜県郡上長良川・栗巣川・気良川 渓流ミノー釣行

    2017.05.15
  2. 静岡県浜名湖シーバス・チヌ・ガシラ台風釣行

    2017.07.06
  3. 【浜名湖】夕暮れチヌトップ

    2018.07.31
  4. いつものトコと、はじめてのトコ

    2018.02.15
  5. 【南紀和歌山チヌトップ】ぽこぽこポップRと控えめバイト

    2018.05.31
  6. 被写体としてのサカナ

    2018.01.11

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

New Post

  1. ヒラスズキ
  2. 東寺
  3. 嵯峨野トロッコ列車
  4. ワイドビューひだ
  5. 雨晴海岸から北アルプスを
PAGE TOP