紀伊山地の春アマゴ

雪の和歌山県日高川水系で、アマゴを狙って渓流ルアー釣り

釣り友との釣行。
今回は、アマゴを狙って和歌山県日高川水系に。
予報的には、磯でヒラスズキがベストアンサーな感じでしたが、今まで行った事のないフィールドであることと、当日の午前中は降雪予報が出ており、紀伊山地の雪渓を味わってみたいという思いがあったため、このプランになりました。

紀伊山地の雪渓

紀伊山地の雪景色
日の出前に出発し、ポイントに到着したのは8:30ごろ。
予報通り、夜のうちから雪が降っていたようで、川には雪がちらほら。
標高が低く、緑が強いフィールドだからこそみられる、白と緑のグラデーション。

紀伊山地の雪景色

気温が下がりきっていないためか、木に雪が積もっても、岩にはなかなか積もらず溶けてしまうよう。
濡れた岩の黒が、風景を引き締めてくれます。

積雪の渓
ここには雪がしっかり積もっていました。
同じ川でも、風の通り具合や日の当たり具合で風景に変化がうまれます。

足元にあるマクロの世界

雪に濡れる苔
ふと歩いていると目に留まった雪と苔。
雪に濡らされ、苔の緑がより強く見えます。

苔と雫
雫が付着した苔。
晴れの渓流にはない、美しい球体のオブジェクト。

魚を釣り上げるだけじゃなく、周りの自然にも目を向けてみると、川歩きはもっと楽しくなります。

今日の釣り道具

今日の釣り道具
この日はルアーで。開けた場所の少ない源流域は、フライよりもこっちの方がやりやすい。
また、今まではなんとなくPE+リーダーのシステムにしてましたが、リーダー結ぶ手間であったり、飛距離を求められるシーンがそこまでないため、ナイロンをテスト中。

実際に使ってみて、バックラッシュのようなライントラブルの対応も楽になり、良い感じでした。
フロロとの比較もしてみたいところ。

水温低く渋い状況

紀伊山地の釣景
雪降るくらいですし、当然ですが水温は7~8度くらいと低い状況。
極稀にチェイスしてくる魚がいる程度。
また、たまに他のアングラーの足跡もみられ、状況はそこまで良くないみたい。
ハイシーズンではないし、まぁこんなもんですよね。

朱点の多い錆びアマゴが

渋いとはいえ、たまにチェイスがあったり、友達がミノーで1匹釣ったりと、魚はいるみたい。

その後釣り歩いてると、スプーンだともうちょい反応が良くなるみたいで、スプーンメインの釣りに。
使ったのはArtFishing(アートフィッシング)のBite。「忠さんのスプーン」とも呼ばれている、知る人ぞ知るスプーンです。
アートフィッシングBite
画像出典:アートフィッシング

これに変えてから、魚の反応がいい感じに。
ルアーではノソーっとした動きでチェイスしていたけど、スプーンに変えてからは倍くらいのスピードでガンガンチェイスしてくる。小さいシルエットと、キラキラアピールするのがいいのかな。

そのうち、小アマゴをキャッチ。
錆びも薄めの小アマゴ
錆び薄めの。優しい顔をしたやつでした。

去年の夏に釣った、日置川水系のアマゴ↓とは顔つきが全然違う。
日置川水系のアマゴ
大して距離は離れてないのに、環境がちょっと違うだけでこんなに顔つきが変わるんだなぁと。
こういう違いを比べるのも、楽しい。

その後、友達にもヒット。
魚を見せてもらうと、先ほど僕が釣ったのより錆びは強いものの、顔つきは同じ感じ。
この水系の魚はみんな優しい顔してるっぽい。

錆び色と朱点の組み合わせが美しすぎる。
朱点が多い錆びアマゴ

アマゴの美を目に焼き付けるだけでは飽き足らず、いつでも思い出せるように、スマホにおさめる。
愛する魚をスマホにおさめる

日没が近づき終了

魚の反応が良くなり出し、ここからラストスパートかと思いきや、急に反応が途絶えてしまいました。
ちょうど日没も近づいて来たし、ここで終了。

森を歩く

森を歩き

トンネルをくぐる

トンネルをくぐり

崩落した林道

崩落した林道をすすみ、車に戻って帰宅しました。

楽しかったなぁ。
また近々、渓魚を追いかけて森を歩きたい。

今回の装備

雪が降ったため、念のためPeakDesign/SHELLを装着してカメラを携行しました。

タックル
ロッド Tulala/クプアス48
リール シマノ/カルカッタ コンクエスト BFS HG
ライン サンライン/トラウティスト DARKNESS(5lb.)
メインルアー1 FCLLABO/HKTM50
メインルアー2 Artfishing/Bite
バッグ
防水バッグ patagonia/ストームフロント・スリング
アクセサリー
ルアーケース SMITH/リバーシブルMG
メジャー SMITH/メジャー
熊鈴 A&F/ベアーベル
ボトルホルダー MAMMUT/アドオンボトルホルダー
水温計 A&D/防水型放射温度計 AD-5617WP
着用ウェア
ドライレイヤー(上) finetrack/スキンメッシュT
ベースレイヤー MAMMUT/Performance Dry Zip Longsleeve
レギュレーター patagonia/R2ジャケット
シェル TNF/オールマウンテンジャケット
ドライレイヤー(下) finetrack/アクティブスキンタイツ
ベースレイヤー(下) finetrack/フラッドラッシュタイツ
パンツ finetrack/ストームゴージュアルパインパンツ
シューズ 秀山荘/クライムゾーン スーパープロIV
ネックウォーマー UZU Outfits/ロフティネックウォーマー
カメラ機材
ボディ Nikon/Df
レンズ1 Nikon/AF-S NIKKOR 24mm f/1.8G ED
レンズ2 AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED
フィルター ケンコー/PRO1D WIDEBAND C-PL(W)
アクセサリー1 PeakDesign/SLIDE
アクセサリー2 PeakDesign/Capture
アクセサリー3 PeakDesign/SHELL
インナーバッグ Lowepro/トップローダーズーム 50 AW2
紀伊山地の春アマゴ
最新情報をチェックしよう!