Loading

Contents

【南紀和歌山】はじめての清流チヌトップ

2018/08/15

去年からずーーっとやりたかった清流でのチヌトップ、南紀の川でやってきました。
日も登りきった朝7時ごろからのスタートで、潮は下げ始めのタイミング。

和歌山清流

そもそも海の魚がいるかどうかさえ怪しくなるこんな景色。
高校生くらいのとき、川の上流でチヌを釣ってた記憶だけを心の支えに、ルアーを投げつつ魚を探します。

今回のルアーはトップウォーター縛り。
ルアーケースは、この日のこのシチュエーションのために買った、pencoのストレージコンテナ-。
良い感じにダサくてカッコイイ。へへへ。

上流に向かって水際を歩いてると、色の薄いグレーのチヌが回遊してるのを発見。
キレイな魚体に癒されつつ、ターゲットがちゃんとこのエリアにいることに安心。

ただ、狙ってみるも、ルアーを完全に無視。

その後も、シャローエリアを回遊しているチヌを数匹発見するも、ルアーは完全無視。
やっぱ回遊してるやつは厳しい。

この日、シャローエリアにいるのは、こういうやつらばっかり。
時間の無駄になりそうだったので、もうこいつらは無視。
ブレイクや流心近くに潜んでいる個体をターゲットに。

川に立ち入り、ウエットウェーディングスタイルでキープキャスト。
足元付近には鯉やチヌがウロウロ。

ロケーション最高です。

そんな感じで癒されつつ、ブレイクを攻めてると、ボシュッとテンション高めのバイト。
こういうとこまで遡上してくるくらいですから、やっぱ活性も高いのでしょう。

上がってきたのは50ちょい位の良いサイズ。

清流チヌ

回遊してるやつらとは違って、真っ黒な渋いボディ。
GoPhishカスタムのチャグポップ、CPSW64 smash W。
お気に入りのカメムシカラーで釣れて大満足。

相変わらず、チヌは顔付近のブルーパールがキレイだなぁ。

1匹釣ったら大満足。
結局開始40分くらいで終了。

まだ1日も始まったばかりなので、次のターゲット、アマゴを狙いに山へ向かいます。

—–
ロッド: スタッカート76 LTS-HX, ツララ
リール: セルテート 2004 3000 , ダイワ
ライン: PE(1.0号)
リーダー: フロロカーボン(2号)
ルアー: CPSW64 smash W , スミス–ゴーフィッシュ

【浜名湖】夕暮れチヌトップ

【南紀和歌山】源流にひそむ天然あまごを求めて

関連記事

  1. 春以来の磯ヒラスズキ【南紀和歌山】

    2018.10.26
  2. 【岐阜荘川・一色川・寺河戸川】イワナと滝と温泉と

    2018.07.18
  3. Nossa Senhora(ノッサセニョーラ) Tシャツ第1弾、生産しました。

    2016.07.17
  4. 【知多半島】野間崎灯台・師崎漁港へ釣り&撮影に

    2018.09.26
  5. 道具がないとお話にならなかったというお話

    2017.05.08
  6. 【和歌山中紀・南紀】ロックショア ヒラスズキ/青物

    2017.11.07

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

New Post

  1. 夕焼けの剣岳とワイドビューひだ
  2. 雨晴海岸からみる立山連峰と氷見線
  3. 花梨のような川底
PAGE TOP