Loading

Contents

冬の熊野古道もいい!小雲取越・百間ぐらで夕焼けを撮影してきた

2019/2/17

記事を書くのを忘れてしまっていたため、少し過去に戻ります、、
これは、南紀で磯ヒラをやった翌日のこと。

昼前までぐっすり寝て、昼飯を食べた後、熊野古道・小雲取越の百間ぐらで夕焼けを撮影することに。

百間ぐらへ

さすがに小雲取越をスタートから歩く時間は無かったので、百間ぐらの近くまで車で行き、そこから歩くことに。
駐車したのは↓の場所。本宮町請川方面から45号線を道なりに進んでいくと見えてくる、トイレが目印です。

補足しておくと、この駐車ポイント、小雲取越のコース的には、↓の画像の「林道交差」と言われる場所です。

小雲取越コース

画像出典:熊野本宮観光協会 http://www.hongu.jp/

熊野古道って、こんな感じでエスケープできるルートが多いのがいいですよね。
RPGみたく、途中でセーブしながら進めていけるので、なかなか大型の連休がとれない社会人でも小分けにして楽しめる。

注意すべきは1か所だけ

駐車ポイントから山道に入っていくと、一か所分かれ道があります。
これを、向かって左手に行かないと百間ぐらには行けません。
上記の小雲取越コース図をみると分かるように、右手は石堂茶屋跡方面に行くことになります。
※写真無くてスミマセン、、

20分ほど歩いて百間ぐらに到着

駐車ポイントから約20分ほど歩くと、見晴らしの良い拓けた場所と地蔵が見えてきます。そこが百間ぐら。
冬ですし、人が通る気配はゼロだったため、三脚をセットし日没まで待機することに。

雲一つ無い空に、緑。

標高も約360mと高くないのもありますが、それでも冬の時期とは思えないほどに緑が強い。

夕焼けの百間ぐら

そうやって、岐阜や長野の山との景色の違いを楽しんでるうちに日没が。

冬の熊野古道 百間ぐらの夕焼け

春夏秋が特に人気で、霧や雲海を絡めた幻想的な写真がよくみられる熊野古道ですが、冬のクリアな風景もなかなか良かったです。

西陽の角度的にド逆光になるため、百間ぐらのシンボル的な地蔵は今回入れずに撮影。
サイド光が少しあたるくらいの時期に、また地蔵を入れて撮りに来よう。

日本最古の共同浴場「湯の峰温泉」で渓流釣りの疲れを癒す

雨晴海岸から立山連峰をバックに氷見線の鉄道風景写真を撮影

関連記事

  1. 御前崎をブラブラ観光。港から富士山眺めたり、いちご狩りしたり。

    2019.03.25
  2. 【南紀和歌山】「本州最南端」潮岬灯台で撮影

    2018.09.25
  3. 琵琶湖おかっぱりバスフィッシング

    2017.08.28
  4. ドラマ「マッサン」で再注目を浴びるスコッチウイスキーの定義とは?

    2015.01.29
  5. 【三重伊勢~熊野地磯】 磯ヒラスズキ・マルスズキ

    2017.10.03
  6. 愛知県田原市伊良湖の風景

    2016.09.30

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

New Post

  1. 川霧漂う板取川
  2. ボンバダアグア ペンシルバグ
  3. 中華蕎麦生る(なる)
  4. わたらせ温泉大露天風呂
  5. 高原熊野神社
PAGE TOP